地味目なのにイケメンで何でもこなせちゃうスマート俳優〝松田龍平〟の活躍っぷりに迫る!!

味目なのにイケメンで何でもこなせちゃうスマート俳優

松田龍平 をご紹介します。

プロフィール。

生年月日 1983年5月9日
出生地  日本・東京都杉並区
身長   183 cm
血液型  B型
職業   俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1999年 –
配偶者  太田莉菜(2009年 – 2017年)
著名な家族 松田優作(父)
松田美由紀(母)
松田翔太(弟)
ゆう姫(妹)
熊谷真実(伯母)
秋元梢(義妹)
事務所   オフィス作
公式サイト 松田 龍平|office-saku

主な作品
映画
『御法度』
『青い春』
『恋の門』
『悪夢探偵』シリーズ
『アヒルと鴨のコインロッカー』
『まほろ駅前多田便利軒』
『探偵はBARにいる』シリーズ
『舟を編む』
『散歩する侵略者』

2020年2月14日公開予定。

『影裏』(えいり)

↪︎あらすじ

哀しみも過ちも大切な人の全てを愛せますか?

いなくなって初めて見えてくる光と影。
彼の真実は何を照らすのか

そして見えてきたのは、これまで自分が見てきた彼とは全く違う別の顔だった。

陽の光の下、ともに時を過ごしたあの男の“本当”はどこにあるのか—。

見知らぬ土地で唯一人心を許した友との出会いと別れ、いなくなった友の本当の姿を探しながら、主人公自身が喪失と向き合い再生していく物語。

日浅典博:松田龍平
ふらっと現れては消える風来坊。

テレビドラマ

『ハゲタカ』
『あしたの、喜多善男』
『まほろ駅前番外地』
『あまちゃん』
『カルテット』

『獣になれない私たち』

あらすじ。人生うまくいってるようで、ままならない二人が仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会った。

本能のまま「野生の獣」のように自由に生きられたら楽なのに…

「全ての頭でっかちな大人」に送る、ラブかもしれないストーリー。

根元恒星:松田龍平

「世渡り上手」で「人当たりがよく」、女にモテる敏腕会計士。

でも本当は、調子よく振舞っているだけ。

誰のことも信用しないし、無防備に人を愛せるほど馬鹿じゃない。

順調だった仕事は、思いがけずヤバイ案件に片足を突っ込み限界寸前。

「もう、俺の人生、なるようになれ・・・」

「ストレンジャー~上海の芥川龍之介~」A Stranger in Shanghai

あらすじ。1921(大正10)年、芥川龍之介(当時29歳)は新聞社の特派員として上海に渡る。子どものころから「西遊記」などの古典に親しんだ芥川にとって、そこは憧れの理想郷のはずだった。だが、当時の中国は動乱のさなか。清朝を倒した革命は、やがて軍閥の割拠という混乱に至り、西欧諸国や日本が上海の租界をわがもの顔で支配し、民衆は壮絶な貧困にあえいでいた。

理想と現実のギャップに絶望すら覚えながらも、芥川の知性は巨龍・中国の精神世界へと分け入っていく。そこで出会うのは、革命の世で政治と向き合う知識人たちと、裏路地で日々をしたたかに生き抜く妓楼のひとびとだった…。

芥川龍之介:松田龍平

人物・経歴。

優・松田優作と優・松田美由紀の長男。

俳優の松田翔太は弟、ゆう姫(ユウキ。エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル)は妹、女優の熊谷真実は伯母にあたる。

役者になるという選択はデビュー前には考えたこともなかったというが、学校のアンケートで『芸能人になりそうな人は誰?』では1位だった。

『御法度』で共演した浅野忠信に大きく影響を受けたと語っており、デビュー当時からインタビューなどで話していたため、事務所へファンからよく浅野のブロマイドが送られてきていた。

また同作でアイドル的人気を獲得し、バレンタインにはダンボールに何箱もチョコレートが届いていた。

まとめ。

田龍平さんは、どんな役柄もイケメンに身をこなし

父親譲りの演技力高さと顔面偏差値を持っていると思います。

渋く30代ならではの、エロさが堪らない俳優さんです。

ツイッターの声

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です