ストイックでパーフェクトな若手女優〝土屋太鳳〟が女の子から嫌われる理由とは!?

トイックでパーフェクトな若手女優

土屋太鳳 をご紹介します!

プロフィール。

本名    土屋 太鳳
生年月日  1995年2月3日
出身地   東京都
身長    153cm
血液型   O型
職業    女優
ジャンル  映画、テレビドラマ
活動期間  2005年 –
著名な家族 土屋炎伽(姉)
土屋神葉(弟)
事務所   ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト TAO TSUCHIYA Official Site

主な作品

映画
『果てぬ村のミナ』
『トウキョウソナタ』
『映画 鈴木先生』

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

『累 かさね』

↪︎あらすじ。

醜悪な顔を持つ少女・累。その醜さ故、過酷な道を歩む累に、母が残した一本の口紅。その口紅の力が、累の全てを変えていく。

およそこの世のものとは思えぬ醜悪な容姿を持つ少女・累(かさね)。彼女はその容姿ゆえ、周りの者から苛烈なイジメを受けていた。そんな彼女に、亡き母が遺した一本の口紅。その口紅が累の運命を大きく変えていく──。

↪︎丹沢 ニナ(たんざわ ニナ)/土屋太鳳

累が同名の若手女優「丹沢ニナ」の顔を得て成り代わった姿。烏合の演出作品『かもめ』で主役を演じたこときっかけに脚光を浴び、「淵透世の再来」と評されるほどの女優として活躍したが、ニナの死亡に伴って顔が使えなくなったために姿を消し、世間的には失踪という扱いを受ける。

『orange』

↪︎あらすじ。

高校2年生の春。ある日26歳になった10年後の自分から1通の手紙が菜穂のもとに届きます。そこに記されていたのは「大切なものを失わないで」というメッセージ。
日記のように日付とともに未来に起こることが事細かに書かれた手紙には、これから転校してくる翔を好きになるということ、そして翔は1年後には死んでしまうということが書かれていました。始めは半信半疑の菜穂でしたが、手紙に書かれていることが現実に起こっていく様子に、手紙が未来から来たものであるということを受け入れます。
翔を救うため、自分の運命を変えるため、未来を変える物語が始まります。

↪︎高宮菜穂(たかみや なほ)/土屋太鳳
大切な人の未来と自分の未来を変えるために奮闘する主人公。

テレビドラマ

『鈴木先生』
『花子とアン』
『まれ』
『下町ロケット』
『チア☆ダン』

人物・経歴。

2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞。

同オーディションの受賞者の中では最年少。

初仕事は2007年12月1日より放送されたカプコンのゲームソフト『WE LOVE GOLF!』のテレビCM(松原剛監督)。

2008年に公開された『トウキョウソナタ』 で映画デビューを果たした。その撮影現場で共演者の香川照之・津田寛治と交流し、彼らの仕事ぶりを目の当たりにしたことで、女優への決意を強める。

2008年、ジュニアファッション『Hana*chu→』(主婦の友社)のニューフェイスオーディションを経て専属モデルとなった。同年、約500名の候補者の中から劇場版『釣りキチ三平』のゆりっぺ役に抜擢され、主人公・三平の幼馴染を演じる。

2010年、芸能活動が許される高校に入学。女子校で、在学中は創作ダンス部に所属し、仕事の合間をぬって全国大会にも出場した。同年、NHK大河ドラマ『龍馬伝』でテレビドラマ初出演、主人公・坂本龍馬の姉・坂本乙女の少女期を演じた。

2011年、『鈴木先生』(テレビ東京)で連続ドラマ初レギュラー出演。キーパーソンとなる女子生徒・小川蘇美役を演じ、注目を浴びる。

2016年10月8日の『オールスター感謝祭』(TBS)で「赤坂5丁目ミニマラソン」に出場し、女子の1位となる(総合8位)。

2019年ミス・ジャパン東京大会グランプリで、日本大会初代グランプリ。

れの人物はエンヤ、中島美嘉、柴咲コウ、CHARA(みんな自分の声を持っているから)、トム・クルーズ、ジョニー・デップ、香川照之、蒼井優。

尊敬する人は家族。父親は秋田県出身、母親は九州出身。兄弟は、2歳上の姉(土屋炎伽(ほのか・1992年8月26日

前の由来
「太鳳(たお)」という名前は本名である。胎児の性別を教えない産院で生まれたため、名前を決めるのに困った母親が「生まれたばかりの裸の赤ん坊が雲の上で寺子屋のような低い長机に正座し、細長い紙に筆で『二月三日生まれ 女 太凰』と書いていた」という内容の予知夢を見たことに由来する。予定日は先だったが夢見どおり2月3日朝に突然女児が誕生したため、「女の子なのに『太』という字を名前につけていいのか?」と、家族が「太」の字を中国の辞書で調べたところ、「女性の尊称[注 3]にも使う」と書かれていたことから、女児に使ってもよいだろうとの結論を得る。しかし、1995年当時「凰」は人名用漢字に指定されていなかったため、「雄のフェニックス」という意味になるが形と意味が似ている「鳳」を使い、「太鳳=たお」と命名された。

芸能界入りのきっかけとなった「ミス・フェニックス」オーディションには、名前のつながりから「私だ!」と思い、直感で応募したという。

味は読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ。ドラマ『鈴木先生』公式サイト内のプロフィールでは「映画館に一日いること」、「空の写真を撮る」ことを挙げている。

技は3歳から習い続けている日本舞踊、クラシックバレエ、ヒップホップダンス、三線、篠笛、小太鼓、陸上、ピアノ演奏、家事(洗い物や料理、小さい子の世話をすることが得意)、乗馬、スキー、バスケットボール。

きな映画は『シザーハンズ』、『ラストサムライ』、『野性の証明』、『キサラギ』、『Watch withMe〜卒業写真〜』。ドラマ『鈴木先生』公式サイト内のプロフィールでは、『アマデウス』、『劒岳 点の記』を挙げている。

きな漫画・アニメは『のだめカンタービレ』、『釣りキチ三平』、『ガラスの仮面』。

特撮作品を好んで視聴しており、特に印象に残っている作品として『超光戦士シャンゼリオン』を挙げている。

きな小説は『走れ!T校バスケット部』(松崎洋)。ドラマ『鈴木先生』公式サイト内のプロフィールでは、『ふたり』(赤川次郎)、『日輪の遺産』(浅田次郎)を挙げている。

好きな食べ物は肉。嫌いな食べ物は特にない。

会社員であり、社内ではチアリーダーの経験もある)と2歳下の弟(土屋神葉(しんば・1996年4月4日(23歳))。俳優、声優。)がいる。

座右の銘は「自分を信じる」「感謝」「ごはんをよく噛む」。テレビ東京のドラマ『鈴木先生』公式サイト内のプロフィールでは「LAST ONE STANDING」「感謝と初心を忘れない」を挙げている。

笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功の次男とは同じ私立幼稚園、私立小学校出身で、土屋が小学4年生の時に『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』を視聴した次の日の授業参観で、浜田の存在を知った。

『ダウンタウンなう』の共演でも、浜田が「小っちゃい頃から知ってる」と懐かしがった。

俳優の野村祐希(野村将希の次男)とは、3歳からの幼なじみ。

『まれ』(2015年のNHK連続テレビ小説)のヒロインを務めたことがきっかけで、2016年10月に輪島観光大使および白米千枚田オーナー制度特別名誉会員に就任した。

まとめ。

屋太鳳ちゃんは、完璧すぎるほどのできた女の子だけに…嫌いという意見が結構出回っていますね。

「そんな完璧そうな性格が嫌い!」「あざと過ぎて気持ち悪い!」という意見が多いようです、、

おそらく、僻みと思われます。

璧すぎるとなぜか嫌味を言う人も多いですよね

最後が「山崎賢人(やまさき けんと)さんといちゃいちゃするな!」という意見が多いですね。

こちらはおそらく山崎賢人さんのファンの方だけが言っているんでしょうね

き合ってるって噂が立つくらい仲が良いそうなので仕方ないのかなと思いますけど私的に、仮に付き合っていたとしてもお似合いなので良いと思いました。

↪︎Twitterの声

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です