タヌキ顔がキュートな女優〝有村架純〟ってどうして万人ウケする可愛さの理由に迫ってみた!!

ヌキ顔がキュートな女優

有村架純 をご紹介します!

プロフィール。

生年月日  1993年2月13日
出生地   兵庫県伊丹市
身長    160 cm
血液型   B型
職業    女優
ジャンル  映画、テレビドラマ
活動期間  2010年 –
著名な家族 有村藍里(姉)
事務所   フラーム
公式サイト FLaMme > 有村架純

主な作品

テレビドラマ
『あまちゃん』
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』
『ひよっこ』

映画
『ストロボ・エッジ』
『映画 ビリギャル』
アニメ映画
『思い出のマーニー』

舞台
『ジャンヌ・ダルク』

人物・経歴。

2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校在学中に、FLaMmeのオーディションを受けて合格した。

2010年1月、サンケイスポーツの新春企画「新春ガールズ」が芸能界の初仕事となり、4月に親元を離れて上京。 同年5月、『ハガネの女』(テレビ朝日)でドラマ初出演を果たし、同年12月、FLaMme mobileで携帯ブログをスタートした。

2011年1月、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」でCM初出演を果たし、同年11月、『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』で映画初主演を果たした。

伊丹市立西中学校3年の時、ドラマを見ていて「自分ならこう演じる」と自然に考えている自分に気づき、女優を志すようになる。また当時、同世代の女優が数多く活躍していたことにも刺激を受けた。

機となったのは、上京2年目・19歳の時。知り合いのカメラマンに、「覚悟が足りないんじゃないの?」と言われ、図星を突かれたと思うとともに、20歳の区切りに何かを変えなければならない、とも思ったという。直後に撮影がスタートした『あまちゃん』では、出番が少なくとも、今まで誰も見たことがないような姿を見せたい、という決意で臨んだという。

よく聴くアーティストはaiko、AKB48、椎名林檎、星野源で、ファッションはシンプルでカジュアルな服装を好む。

京する前は、伊丹市の昆陽池公園の近くに住んでいた。同公園は、子供の頃家族で花見をしたり、池のアヒルやカモに餌をやったりして、思い出の多い場所だという。また、公園近くのたこ焼き屋もお気に入りの場所で、中学生になってからも度々足を運んでいたという。

まとめ。

村架純ちゃんは、しぐさ、表情、体型、雰囲気全てが可愛いと言われていて人気です。

しぐさだと、男心をくすぐるような自然体でどこかふわふわした女の子らしさのある感じ。

情だと、あどけない子どもっぽい笑顔が可愛い感じ。

体型は、小さくて守ってあげたくなるようなスモール感。

雰囲気は、ふわふわした女の子っぽいゆるさ。

またすっぴんもかわいいと言われていますね。インスタグラムにて過去に掲載していて話題になったようです。

レイクのきっかけになったのがNHK連続テレビ小説「あまちゃん」です。

それから、紅白出場!!司会の方ですがしてましたね。

2013年のジャニーズ事務所「Hey!Say!Jump」の岡本圭人さんとのキス写真が報じられました。

(可愛いから仕方ないと思います。恋は人を強くしますからね)

↪︎Twitterの声。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です