あざとくて可愛い小悪魔な女優〝石原さとみ〟元恋人・山Pと結婚したかったと吐露していた!?

ざとくて可愛い小悪魔な女優

そんな石原さとみをご紹介します。

プロフィール。

生年月日  1986年12月24日
出身地   東京都
身長    157 cm
血液型   A型
職業    女優
ジャンル  テレビドラマ、映画、CM
活動期間  2003年 –
事務所   ホリプロ

2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列の俳優養成所であるホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属(5期生)し、石神 国子(いしがみ くにこ)名義で映画『ホ・ギ・ラ・ラ』『船を降りたら彼女の島』へ出演しており、芸能活動の経験がある(公式には”石原さとみ名義”で初出演した『わたしのグランパ』をもってデビュー作品としている)。

2003年、『きみはペット』(TBS系)の澁澤ルミ役で連続ドラマ初出演。同年、NHKの連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロイン・岩田冬子役に抜擢された。以後『WATER BOYS2』(フジテレビ系)などの多数のドラマ、映画に出演し、知名度を上げていく。

2005年、NHK大河ドラマ『義経』に静御前役として初出演。

2006年、『Ns’あおい』(フジテレビ系)で民放連続ドラマ初主演。同年秋には、『奇跡の人』のヘレン・ケラー役で舞台に初挑戦する。

2008年、つかこうへい作・演出の舞台『幕末純情伝』の沖田総司役で2度目の舞台出演。

2009年、『ヴォイス〜命なき者の声〜』(フジテレビ系)で月9ドラマ初出演、ヒロイン・久保秋佳奈子役を演じる。同年秋、井上ひさし新作書き下ろしの舞台『組曲 虐殺』にヒロイン・田口瀧子役で出演。

2010年、スペシャルドラマ『坂の上の雲』(NHK)に秋山季子(秋山真之の妻)役で出演。
毎年3月4日の「雑誌の日」を記念として雑誌の表紙を飾った回数の多かった女性を選ぶ「カバーガール大賞」で2014年(計36誌)2015年(約26誌)の2年連続で総合大賞に選ばれる。

2015年、『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ系)で月9ドラマ初主演。

現在の芸名の由来は自らは原石であるとしてつけた「原石」を逆にして苗字の『石原』、聡明で美しくありたいとしてつけた下の名前『聡美』を平仮名表記にしたものである。

役名によるものも含め、歌手業は未経験である。芸能活動で歌ったことはあり、NHK連続テレビ小説『てるてる家族』では、劇中「幸福を売る男」と「恋の季節」をソロで歌った。

原が『てるてる家族』に出演したときにその活動報告のために公式ウェブサイトに『さとみの大阪日記』を開設。クランクアップ後石原のそれ以降の活動報告のために日記はそのまま残し、『さとみ日記』として継続された。

2012年6月18日に『さとみ日記』はアメーバブログへ移転され、オフィシャルブログ『Satomi Diary』として開設されたが、現在は閉鎖されている。また、InstagramやFacebook、Twitterについては全てなりすましであると発表されている。

ドラマや映画、舞台などでは、できるだけメイクは自分でするようにしている。

女優の松本まりかと仲が良く度々インスタグラムなどに登場する。
大の旅行好きで、仕事の合間などを縫っては、海外へと駆け出している。

まとめ。

原さとみがでているドラマで一番好きな最近のドラマはこちらですね。

アンナチュラル(2018年1月12日 – 3月16日、TBS) – 三澄ミコト 役

作は、設立して2年弱の不自然死究明研究所(英:Unnatural Death Investigation Laboratory)= 通称UDIラボという架空の研究機関(公益財団法人)を舞台に展開する。UDIラボとは、日本における不自然死(アンナチュラル・デス)の8割以上が解剖されないままという先進国の中で最低の水準という解剖率の状態を改善するために設立され、国の認可を受け全国初の死因究明に特化した調査を行い、警察や自治体から依頼された年間約400体の遺体を解剖調査しているという設定である。

こに勤める法医解剖医の三澄ミコトを中心に、ベテラン法医解剖医の中堂系、三澄班臨床検査技師の東海林夕子、三澄班記録員の久部六郎、所長の神倉保夫らが協力し合いつつ、毎回さまざまな「死」を扱いながら、その裏側にある謎や事件を解明していく。

各回の事件と並行して、物語では一家心中事件の生き残りであるミコトの生い立ちや、中堂の恋人・糀谷夕希子が殺害された未解決事件が連続殺人である可能性が浮かび上がる。

い過去にとらわれ時に倫理を逸脱する行動に走る中堂に対し、ミコトは問題の事件解決に協力して彼を止めようとする。やがて判明する26人もの女性を手に掛けた連続殺人犯は、殺人の証拠が存在しないことを盾に罪を逃れようとする。UDIラボの面々は組織存続を賭けてそれを追求し、最終的に勝利を収める。

危機を脱したUDIラボは、大切な人を亡くしながらその後も生きる人々の未来のため、この世の「不条理な死」と戦い続けてゆく。

三澄ミコト(みすみ みこと)〈33〉
演 – 石原さとみ(幼少期:稲垣来泉)
語開始の4か月前からUDIラボの法医解剖医で、三澄班の執刀医。解剖実績は1,500件ほど。 以前は大学で法医学の准教授として内閣府のプロジェクトに関わっていた。「法医学は未来のためのもの」という意識で仕事をしている。また「生きていくこと」に強くこだわり、最大の敵は「不条理な死」としている。食事は肉と脂っこいものが好みで、朝から丼物を食すことが多い。移動棚の上には、バナナを常備している。

の名前は雨宮美琴で「雨宮総合病院」院長夫妻の娘。24年前の9歳の頃に母親が起こした「浦和市一家四人無理心中事件」で、ラムネと偽った睡眠薬を飲まされたが、途中で吐き出したため唯一生き残り、叔母のいる三澄家の養子となる。実の家族の事件については今の家族以外に話しておらず、家族内では「雨宮の事件のこと」としている。一家心中したいきさつを成人になるまで知らなかったが、20歳の頃に両親の当時の不仲について夏代に明かされたことで、「雨宮の事件のこと」は「納得していないけど整理は出来た」としている。また、「練炭のエキスパート」と評されるほど、練炭による一酸化炭素中毒に詳しく、過去の自らの事件についての論文も書いている

モテ女石原さとみの恋愛事情。

名カップルだった、山下智久と石原さとみですが

まさかの破局が報じられたのは2017年9月!!

破局は嘘ではないかという声もありましたが、山下智久さんとNikiさんのハワイデート報道があり石原さとみさんとの破局が決定的なものに!
2人の破局理由は何だったのかな?

局説が出ていた頃、2人は入れ違いでドラマに出演していました。

山下智久の『コード・ブルー』が終了すると
今度は石原さとみの『アンナチュラル』。

さらには石原さとみは年末から初の主演舞台『密やかな結晶』の稽古もあり、
仕事で缶詰状態の毎日だったみたいです。

互いに忙しすぎて会えず、余裕もなくなりすれ違いが起きてしまったのかもしれませんね。仕事が順調な時期の2人だったからこそ
お互いの仕事のために別れた可能性もありそうです。

気者同士の交際だっただけにお互いの仕事が忙しくて会えなかったり、結婚などの将来を考えられなかったようですね、、

なんと2年間交際していて更にはお互いの家族まで知る仲だった2人。

仕事で忙しいのは嬉しいことですが仕事を頑張ることで破局してしまうというのは悲しいですね。

結婚秒読みとも呼ばれていたのに…お似合いだったんですけどね。辛辣ですね。

原さとみ、結婚はやくしたいと吐露していたみたいですね。やっぱり、山Pと結婚したかったんじゃないでしょうか!!!

これからの活躍を楽しみにしてます。

今回はここまでです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です