サブカル系が絶対好きな映画「愛がなんだ」の一目ぼれした男に一途すぎるアラサー女子・主人公を演じる〝岸井ゆきの〟について調べてみた!!

ワウソ顔で童顔な

低身長可愛い女優

んな岸井ゆきのをご紹介します。

プロフィール。

生年月日 1992年2月11日
出生地    神奈川県
身長       148.5 cm
血液型    AB型
職業       女優
ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ
活動期間 2009年 –
事務所    ユマニテ

2009年ドラマ『小公女セイラ』(TBS)でデビュー後、ドラマ『Q10』(日本テレビ)、映画『ランウェイ☆ビート』などに出演。

2011年、モナカ興業#10『43』(下北沢小劇場楽園)で初舞台。五反田団のワークショップにて声をかけられ、三鷹市芸術文化センターで上演された舞台『宮本武蔵』に出演した。

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』で大河ドラマに初出演。真田信繁の側室・たか役を演じて注目を集める。

2017年、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』で映画初主演。同作で第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。

2018年後期のNHK連続テレビ小説『まんぷく』で朝ドラに初出演。26歳の岸井が演じる役は登場時14歳の設定のため、「少し声のトーンを上げたり、お化粧をしないでもらったり」といった役づくりをした。」

趣味は音楽鑑賞、観劇、お菓子作り。特技は泡立てること、開脚。

まとめ。

井ゆきのさんを初めてみたのがバンドKANA-BOONのないものねだりのMVでしたね。ボーカル鮪の彼女役ででてますよね。その頃からなんだか有名になりそうな感じしてましたよね!

現在絶賛公開中の映画『愛がなんだ』
公開日:2019年4月19日(金)
主人公として岸井ゆきのさんが出演しています!

がなんだ』は、2003年に直木賞を受賞した作家・角田光代が手掛けた同名の傑作小説が原作。

一目ぼれした男に一途すぎるアラサー女子と、その周りの人物を描いた恋愛群青劇!

背でひょろひょろのマモちゃんに出会い、恋に落ちた。その時から、テルコの世界はマモちゃん一色に染まり始める。会社の電話はとらないのに、マモちゃんからの着信には秒速で対応、呼び出されると残業もせずにさっさと退社。友達の助言も聞き流し、どこにいようと電話一本で駆け付け(あくまでさりげなく)、平日デートに誘われれば余裕で会社をぶっちぎり、クビ寸前。大好きだし、超幸せ。マモちゃん優しいし。だけど。マモちゃんは、テルコのことが好きじゃない・・・。

んな男に振り回されるのは、いい加減にやめなよ……。もし、『愛がなんだ』の主人公、テルコが身近にいたら、誰もがそう忠告するに違いないよね。

28歳のOLテルコは、一目ぼれしたマモルに想いを寄せている。自分の時間のすべてをマモルに捧げ、その結果、仕事を失いかけても、親友に冷たい目で見られても、マモルがいてくれるならテルコはこの上なく幸せだと思っている。けれど、マモルにとって、テルコはただ都合のいい女でしかない。そのことをわかっているテルコは今の関係を保つことに必死で自分からは一切連絡をしないし、決して「好き」とは伝えない。しかし、そんなある日、マモルからの連絡が突然途絶えてしまう…。3ヶ月が経ったころ、マモルから急に電話がかかってきて、会いにいくと、彼の隣には年上の女性、すみれがいた…。

テルコ、
マモちゃん、
テルコの友達の葉子、
葉子を追いかけるナカハラ、
マモちゃんがあこがれるすみれ…

らの関係はあまりにもリアルで、
ヒリヒリして、恥ずかしくて、
でも、どうしようもなく好き…

この映画には、
のすべてが詰まっています。

〝好き〟と言えない全てのひとへみてほしいですね。

これからも活躍を楽しみにしております。

今回はここまでになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です