ポップなのに切なさを集めちゃう甘酸っぱいラブソングバンド〝マカロニえんぴつ〟を徹底分析してみた。

 

トロ感があってポップなのに切なさを集めちゃう

聴いたらまたリピートしたくなる聴き飽きない

 

酸っぱいラブソングバンド

 

んなマカロニえんぴつをご紹介します。

 

プロフィール。

 

出身地   神奈川県

ジャンル  ロック

     パワー・ポップ

     ポップ・ロック

活動期間  2012年 –

レーベル  TALTO / muffin discs

事務所   muffin discs

公式サイト マカロニえんぴつ Official Website

 

メンバー。

 

はっとり

ギターボーカル担当

本名、河野 瑠之介。 バンドの中心人物で、大半の楽曲の作詞・曲を担当。 芸名の「はっとり」はユニコーンのアルバム『服部』に由来する。

 

高野 賢也

ベースコーラス担当

通称は「けんけん」。アニメが好き。 「イランイラン」ではアニソン好きを生かしたポップソングを生み出した。

 

田辺 由明

ギターコーラス担当

通称は「よっちゃん」。ハードロックやヘヴィメタルが好き。 FlyingVを愛用する田辺由明はいわゆる“泣き”のギターソロを弾くことが多い。メンバーの中ではアニキ的存在だ。

 

長谷川 大喜

キーボード担当

通称は「大ちゃん」。ジャズが好き。 電子オルガンコース出身の彼は、様々な音色を使いこなし、軽快なリズムで曲をポップにするのが得意。

 

まとめ。

 

酸っぱいのになんか切なくて耳に残っちゃう甘い声が癖になりましたね。曲名がフルーツが入っているのも可愛くて良かったです。

 

エモいって言葉で表したらダメなくらい特別な気持ちになるけど自分の語彙力のせいでエモいとしか言えない苦しさ」

 

「どうやったらこんなに良いメロディー、歌詞がポンポン思い浮かぶの?」

 

「どうしてこんなポップな曲調なのに苦しくなるんだ」

 

マカえんは他に絶対にぬいメロディラインと歌詞に感激させられるしめちゃくちゃエモいしはっとりさんの声とかもう全てが絶妙にマッチして要するに天才」

 

「中毒性ありすぎる私だけで再生回数のはんぶん再生してる」

 

「月9のエンディングで聞きたい」

 

「レモンの次はブルーベリー!今回もおしゃれで力強い曲最高!」

 

「メロディラインが天才のそれ」

 

傷つかないための気づかないふりばかりだ信じることは悲しいことって共感×100000って感じだ。」

 

「また聴きにきてしまった今日何回目だろ中毒性が凄い」

 

「沼にはまったら抜け出せないバンド」

 

なんか今まで聴かず嫌いみたいな感じだったんですけどLoveMusicでこの曲聴いて凄く好きになりましたメロディがとても良い」

 

「フジテレビ感っていうか、イメージでいうと上品かつお洒落な感じが凄い好きです」

 

「いいね一回じゃ足りない全然足りない」

 

マカえんのCDはどんだけリピートしてももういいや聴き飽きたーってならないよね不思議」

 

「キャッチーすぎる」

 

「頭から離れない」

 

「どこかレトロで懐かしさのあるメロディがすき」

 

「無意識に本能的に惚れてしまう」

 

「シンプルにやばい、」

 

いたらまた聴きたくなる中毒性のクセがすごいバンドだと思いました。ポップなのになぜか胸がぎゅーと痛くなるような歌詞が良きです。 声質もすごくいい。エモい声ってこんな声なのかなと思いました。

 

っと多くの人に聴いてほしいバンドだと感じました。

これからの活躍を楽しみにしております。 今回はここまでです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です