紅白歌合戦で高視聴率を叩きだした〝酸っぱいフルーツソング〟が泣けると大注目の男性シンガーソングライターとは!?

年の紅白歌合戦で出場が後になり決定し話題となったニコ生出身のシンガーソングライター。

 

どこか寂しげに歌う感じがほっけない仔犬がすごく若い女性から大人気だそうで、男性からも188cmという高身長と細身とルックスがイケメンだと憧れの存在となっていて人気となっているようです。

 

名なのかなと思われる〝米津玄師〟というアーティスト名ですが、本名だそうで私自身驚きました。
因みに、本人Twitterから健康保険証がツイートされており本名だということがわかりますね。

んな米津玄師をご紹介します。

 

プロフィール。

 

出生名   米津 玄師(よねづ けんし)

別名    ハチ 蛙屋

生年月日  1991年3月10日(27歳)

出身地   日本  徳島県徳島市

ジャンル  J-POP ロック R&B エレクトロニカ

職業    ミュージシャン シンガーソングライター
     ギタリスト 作詞家 作曲家 編曲家
     ボーカリスト イラストレーター 映像作家
     音楽プロデューサー

担当楽器  ヴォーカル ギター

活動期間  2009年 –

レーベル  ソニー・ミュージックレコーズ(2016年 – )

公式サイト
米津玄師 official site「REISSUE RECORDS」

 

まとめ。

 

津玄師の「Lemon」が有名で大人気曲となっていますが徹底解明したいと思います。

 

アンナチュラル
2018年1月12日から3月16日までTBS系の金曜ドラマで放送されたテレビドラマの主題歌になったことで話題となりました。

主演は石原さとみ、脚本は野木亜紀子。

 

ラマとの真相とLemonの歌詞が繋がっていてとてもTwitter上で持ち切りになっていました。

 

中堂系と糀谷夕希子の恋愛模様を歌っていて

最後のシーンで中堂系に降り注いだ夕日が夕希子で下記の歌詞が彷彿させる感じがとても良かった。

 

 

ドラマに沿ったと思われる歌詞が絶妙に良くて、Lemonが流れると泣き出す視聴者が多かったそうです、私もそのひとりですが…

 

して、LemonのMVで米津玄師がハイヒールを履いているのも謎めいていた!?

 

「男なのにハイヒール?」

「え?なんで履いてるの?」

「ハイヒール履いたら身長2mいってるんじゃないの」

「ハイヒール似合ってるかっこいい」

 

などSMSで騒がれていましたがどのような真相でハイヒールを履かれていたのでしょうか。

 

このツイートは夢の中の話だそうでこの夢をみた米津玄師は、
亡くなられた人と指笛を吹いてた人との間に、2人だけの秘密の合図のようなものがあるんだろうなあと思ったそうでそれを自分の音楽映像に残したくて
LemonのMVでハイヒールを履いたそうです。

なんとも意味深い…

 

ちばん私が気になったのが、合いの手のように聞こえる曲中に入っている「ウェッ」という擬音のようなアヒルが鳴く声のような奇妙な音です。

 

この音には、賛否両論している人も多く…

 

「ウェッという部分すき」

「ウェッ笑っちゃう」

「ウェッないほうがいい」

 

さまざまな意見が飛び交っていました。
私は全然あっていいと思いますけどね、きっと米津玄師だからこそ取り入れた音だと思うのでここの部分があってこそのLemonだと思いました。

 

はこの音は、「人のサンプリングボイス」だそうです。

え?、人の声なんだと衝撃しかなかったけれどどんな人が言っているのか気になった私です。

 

津玄師をあまり聴かない私ですが、Lemonという曲だけで十分魅力を感じられましたし意味がない曲が作られていくこの現代では、意味が深い曲を作ることの大切さと重要さが物語るミュージシャンだなあと思いました。そしてこれから受け継いでいくような音楽を米津玄師は作っていくことと思いました。

 

米津玄師の今後の活躍に目が外せません。

 

今回はここまでとなります。

 




スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です