DNAで全米1位になった韓国のあの人!さよなら防弾少年団(BTS)の日本から撤退!?

今大注目の全米1位になった韓国のヒップホップグループとは

を想像するだろうか。

ヒットしまくってますが、

ヒップホップグループっていうかアイドルグループにしか見えないし

数年後には、居なくなりそうなレベルかなって感じなんですけどわかりますかね

ーリーピーポーは好きそうだけど万人受けはしないし顔が似たり寄ったりすぎて

さすが韓国って感じです。白くて長身で鼻整っていればいいと思ってる人結構すごいなあ

尊敬します。だから今の時代、女性は男性への理想が高くなっているんでしょうね。

あ、見た目も少しは大事かもしれませんが結局中身だと思いますよ。

んな防弾少年団ご紹介します。

プロフィール。

出身地     韓国
活動期間    2013年6月13日
レーベル韓国  KakaoM
  日本           ユニバーサルミュージック

弾少年団は、

JYPエンターテインメントで作曲家として活動していた

パン・シヒョクが2005年に独立して設立した。

芸能事務所ビックヒットエンターテインメントで

何人かをプロデュースを行った後に自身初の男性アイドルグループとして

防弾少年団をデビューさせているんです。

メンバー紹介。

◍ジン진JIN

キム・ソクジン김석진Kim Seokjin金碩珍

1992年12月4日(25歳)

179cm/60kg/O型ボーカル 韓国京畿道安養市

◍シュガ슈가SUGA

ミン・ユンギ민윤기Min Yoongi閔玧其

1993年3月9日(25歳)

174cm/57kg/O型ラッパー/ 韓国大邱広域市

ジェイ ホープ제이홉J-HOPE

チョン・ホソク정호석Jeong Hoseok鄭號

1994年2月18日(24歳)

177cm/59kg/A型/ラッパー/ダンサー 韓国光州広域市

アールエムRMRM

キム・ナムジュン김남준Kim Namjun金南俊

1994年9月12日(23歳)

181cm/64kg/A型/リーダー/ラッパー/ 韓国京畿道一山

ジミン지민Jimin

パク・ジミン박지민Park Jimin朴智旻

1995年10月13日(22歳)

173.4cm/57kg/A型ボーカル/ダンサー/ 韓国釜山広域市

ブイ뷔V

キム・テヒョン김태형Kim Taehyung金泰亨

1995年12月30日(22歳)

179cm/63kg/AB型/ボーカル/ 韓国大邱広域市

ジョングク정국Jungkook

チョン・ジョングク전정국Jeon Jungkook田柾國

1997年9月1日(20歳)

178cm/61kg/A型ボーカル/ダンサー/ 韓国釜山広域市

は、因みにシュガくんが好きですね~

笑顔が可愛くて癒されます・・・

経歴。

2010年9月。

パン・シヒョクがヒップホップグループ防弾少年団のメンバーを募るため

ヒップホップオーディション HIT IT開催を告知。

防弾少年団というグループ名はそのときから考案されていて、

当時の2011年にデビューさせる予定だった、オーディションは、

当時すでに練習生だったラップモンスター

もう一人の練習生とのラップ対決方式で、

応募者は二人と同じ曲でオリジナルラップを作って競い合ったようです。

さらに...

2011年7月。

2度目のオーディションを開催。

2011年8月。

ラップモンスター、シュガ、ジェイホープによる

方言ラップ八道江山が公開され、

テレビ番組で取り上げられもしていたそうで、

結果的に約30人近い練習生が

防弾少年団プロジェクト参加する…

度のコンセプト・メンバー変更を経て現在の形となる。

当初はヒップホップグループとして活動予定だった為、

途中からアイドルコンセプトに変更したことをうけて

脱退していく候補者もいたそう。

2012年12月17日。

防弾少年団のラップモンスターとしての映像が

式ブログにアップされデビュー間近であることを知らせた。

それから徐々にブイ以外の

メンバーの名前や映像などが公開されていったり

メンバーはTwitterやブログ等を通じて

ファンとコミュニケーションを図るなど、

YouTubeやSoundCloudで

カバーソングなどを発表しています。

また2AMのチョ・グォンのバックダンサー
としても音楽番組に出演するメンバーもいたりメンバーも

積み時代が実はあり頑張っていたようですね。

そんなBTSはメンバーが自身で楽曲のプロデュースや振り付けを

手がけて自らも作詞作曲を行い、

積極的にアルバム製作作業に参加している。

特にラッパーのシュガ、ジェイホープ、アールエムの3人は、

身のラップパートのほとんどを作詞している。

2013年5月20日。

突然 ブログを閉鎖

代わりに公式ホームページを公開して

式デビューすることを発表。

27日。

1人目のメンバーとして、それまでSNS等に

一切姿を現さなかったブイのティザー写真を公開され、

その後続いて他のメンバーの写真やデビュー曲の

ィザーが公開されるなど本格的に活動を始めます。

6月12日。

デビューミニアルバム

2 COOL 4 SKOOLを発売。

翌日のM COUNTDOWN

NO MORE DREAMを披露しデビューした。

BTSのデビュー曲のNO MORE DREAMは、

1990年代に流行したギャングスタ・ラップを

2013年の感性に合わせて再解釈した楽曲で、

ヒップホップ音楽にカル群舞を組み合わせ

ジミンが曲中腹筋を公開するパフォーマンスと、

ジョングクに持ち上げられたジミンが、

横一列に並んだメンバーの背中を蹴りながら移動する

トリックスダンスを披露した。

そしてこの年のメロンミュージックアワード

ゴールデンディスクアワード

ソウル歌謡大賞で新人賞を獲得した。

7月9日。

公式ファンカフェで行った投票をもとに

公式ファンクラブ名をARMYに決定した。

これはAdorable Representative M.Cfor Youth

意味で頭文字のARMYなんです!!

3月7日。

所属事務所は既存曲の日本語版で、

日本デビューすることを発表。

6月4日。

シングルNo More Dream (Japanese Ver.)をリリースし、

日本デビューもここで果たしてます!!

なんとオリコン週間チャート8位にランクインしていて、

この年に、日本でシングル3枚。

8月。

初のフルアルバムDARK&WILDを1枚発売し、

タイトル曲Dangerで活動したが、売り上げはあまりよくなかったみたいです。

しかし…。

10月。

からは、初の単独ワールドコンサートツアーを開催する。

BTS2014LIVE TRILOGY:EPISODEⅡTHEREDBULLET

デビュー年は新人賞獲得しております。

2014年日本

ニーキャニオンからデビュー。

【2016年10月

フルアルバムWINGSを発売し

年間約75万枚を売上げる。

ガオンチャート当時の最高記録を樹立した。

ビルボード200では26位。

全英アルバムチャート62位にランクイン。

外チャートでも当時の韓国最高位を記録。

【2017年3月24日

ユニバーサルミュージック

移籍し活動を続けている。

【6月日本

誌an・anの2057号にて

表紙と巻頭グラビアを飾り、

史上初となる通常版・スペシャル版

2種類が同時発売された。

9月に5枚目となるミニアルバム

LOVE YOURSELF 承“Her”を発売。

ビルボード200に7位でランクイン。

月間で120万枚を売り上げた。

すごいですね。

も聴きましたがとてもよかったですよ。

パッケージアルバムや他国語版を含まない

単一アルバムのミリオンセラーは、

2001年に発売されたgodの4集。

キム・ゴンモの7集以降、16年ぶりだった。

【10月】には自身初となる日本ドーム公演。

「WINGSツアースペシャルエディション」を

セラドームで開催

2日間で8万人を動員した

12月には日本8枚目のシングル。

MIC Drop/DNA/Crystal Snowを発売。

オリコンでは

初週約36.5万枚を売上げ週間1位を獲得。

海外アーティストとしては初めてとなる

まる初週売上30万枚を突破した。

Billboard Japan Hot 100でも

初週約45万枚を売上げ1位を獲得した。

そして【12月22日】に

ミュージックステーション

スーパーライブ2017に出演。

DNA披露

日本地上波ゴールデンタイム番組への出演は始めてだった。

まとめ。

趣味でジム通っているんですけど

ZUMBAというダンススタジオで

MIC Dropが使われているんですよね。。。

それくらい人気の誇るアイドルグループなんですよね。

また、

防弾少年団は有名プロデューサーが

手がけたグループではあるのに・・・

務所の規模は三大事務所には

及ばない中小事務所。

のでデビュー時に

派手なマーケティングできなくて…

当然テレビ出演もままならない状態

だったみたいです。

けどソーシャルメディアを

うまく活用しているグループだなあと私は感心します

YouTubeではダンス練習動画を始め

各種音楽番組やジャケット撮影の舞台裏はもちろん。

ジオテイストでの座談会やモクバンという

食事の様子を配信したりしてますね

ンバーの人柄がわかるので

とてもいいファンアピールになると思います。

また、NAVERによる動画配信コンテンツ

Vアプリで生放送も行っていますね。

これからの動向が気になりますね。

BTSの活躍を心から楽しみにしております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です