役に入り込み度がピカイチで目力と悲鳴がカッコいい俳優〝藤原竜也〟の生き様を詳しく追及しました!!

に入り込み度がピカイチで目力と悲鳴がカッコいい俳優

藤原竜也 をご紹介します。

プロフィール。

本名   藤原 竜也
生年月日 1982年5月15日
出身地  埼玉県秩父市
身長   178 cm
血液型  A型
職業   俳優
ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ・ナレーション
活動期間 1997年 –
配偶者  既婚
事務所  ホリプロ
公式サイト 藤原竜也オフィシャルファンクラブ “DRAGON aRROWS”

主な作品
舞台
『身毒丸』
『大正四谷怪談』
『近代能楽集〜弱法師〜』
『ハムレット』
『ロミオとジュリエット』
『天保十二年のシェイクスピア』
『ムサシ』
『ジュリアス・シーザー』

映画
『仮面学園』
『バトル・ロワイアル』シリーズ
『デスノート2部作』
『カイジ』シリーズ
『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』
『藁の楯 わらのたて』
『MONSTERZ モンスターズ』
『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』
『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』
『22年目の告白 -私が殺人犯です-』

『カイジ ファイナルゲーム』
(2020年1月10日公開)

↪︎あらすじ。

2020年。東京オリンピックを終えた日本は、不景気に陥っていた。1,000円に値上がりした缶ビールを買うのもちゅうちょするほど困窮しているカイジ(藤原竜也)は、帝愛グループの企業の一つを任されるまでになった大槻と再会する。カイジは、金を持て余した富豪の老人が主催するイベントで自分と組んで大金を得ようと持ち掛ける大槻の誘いに、一抹の不安を覚えながらも乗ることにする。か。最後のギャンブルがいまはじまる――。

↪︎伊藤開司:藤原竜也
主人公で、危険なギャンブルほど博才を発揮!

テレビドラマ
『新選組!』
『古畑任三郎ファイナル』
『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』
『ST 赤と白の捜査ファイル』
『そして、誰もいなくなった』
『リバース』

人物・経歴。

也という名前は、祖父の「天に昇る竜の如くすくすくと育つように」との想いから命名。

父親は単身赴任が多く、ほとんど家にいなかった。
母親は秩父で飲食店を経営している。

顔は母親似。3人兄姉の次男(末っ子)で、兄と姉がいる。11歳の時に姪が生まれ、若くして叔父になった。

幼少のころ帰宅した際に父親が小麦粉まみれになっていたというエピソードを番組「藤原竜也の一回道」で語っている。

2013年に、一般女性との結婚を発表。妻との初デート場所は、京都の鴨川だった。

パソコンなどのメディア機器等々を上手に使うことが出来ない、いわゆる機械音痴であり、パソコンのキーボード入力ですらままならない。

また、スマートフォンが多く普及した今日でも、2014年まで従来型の携帯電話(いわゆるガラケー)を使用していたという。

蜷川幸雄曰く、「集中力があって、真面目で努力家。ストイックで、役の事しか考えられない」。

技はサッカーで、埼玉県中学校大会ベスト4まで勝ち上がったことがある 。

好きな作家は村上春樹。

漫画では『魁男塾』が好き。水が苦手であり、水泳も苦手な金槌である。以前、荒川で水難事故に遭い、何かを悟った。また、高所恐怖症である。

幼少時から長渕剛の大ファン。「ていうか、同志」と、本人は言う。

敬する俳優は、皆無。近年はキサラに出ている、ものまね芸人流コウキと親交がある。

大杉漣に夢中になっていたことがあったが、「生まれ変わったらトンビになりたい。」と答えている。

洋画よりも邦画が好きで、特に黒澤明監督や深作欣二監督など、昔の邦画が好きとのこと。

元が埼玉出身であることから、埼玉西武ライオンズと浦和レッズのファンでもある。

自身も酒飲みであることから、「酒場詩人」こと吉田類の大ファンであり、ゲストとして出演したメレンゲの気持ちではサプライズゲストとして吉田類との対面を果たした。 現在は吉田兄弟のファンである。

喫煙者である。

幼少期は蛸が大好物で「タコのたっちゃん(トシちゃん)」というアダ名をつけられていた。

まとめ。

原竜也さんは、役に入り込み度が凄くて役の完成度が高く素晴らしい

女性が好むハスキーボイスをしている

藤原竜也のものまねをしている方が多い
レベルが高い為、公認している

分よりものまねの方の方が、忠実に藤原竜也を真似ていて、ご本人に驚いていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です