癒し系かつさっぱりイケメン俳優〝高橋一生〟愛される理由を徹底解明してみた!!

し系かつさっぱりイケメン俳優

そんな高橋一生をご紹介します。

プロフィール。

生年月日  1980年12月9日
出生地   東京都
身長    175 cm
血液型   O型
職業    俳優
ジャンル  舞台映画テレビドラマ
活動期間  1990年 –
著名な家族 安部勇磨(弟)
事務所       舞プロモーション

男として生まれ、母親が3度の結婚をしたため、ミュージシャンの安部勇磨(三男)を含めて4人の異父弟がいる。年の離れた弟たちに対しては、赤ん坊の頃からおむつを替えるなどの世話をし、成長してからも家計簿を付けさせるなど父親代わりの役目もしていた。母親は2015年に没したが、その晩年に再会するまで10年ほどは不仲で、癌で亡くなる1週間前にようやく対面して和解し、最期を見送った。

技はスケートボード、バスケットボール、ギター、ブルースハープ。自宅にある家具や植物には名前を付ける。
好きなお笑い芸人として、FUJIWARA・原西孝幸の名前を挙げる。

幼少期にふさぎがちだったのを見ていた祖母が様々な習い事をさせたが続かなかった。児童劇団に入れてもらっていたが、定期的にある発表会を見に来ていた祖母が喜んでいるのを見て感動したという。

1990年の映画『ほしをつぐもの』で映画初出演。

1995年、スタジオジブリ製作のアニメーション映画『耳をすませば』では主要キャラクター・天沢聖司の声を演じた。

2001年から劇団扉座に入団し、舞台『フォーティンブラス』で準主役デビュー。

2015年のテレビドラマ『民王』で貝原茂平役を演じ、第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞。

2016年放送されたスペシャルドラマの1本『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』とネット配信限定の番外編ドラマ『民王番外編 秘書貝原と6人の怪しい客』で主役となり、『民王 スピンオフBOOK【貝原編】』も発売された。

2017年には『カルテット』に出演するとともに、NHKでも大河ドラマ『おんな城主 直虎』や連続テレビ小説『わろてんか』に準主役級で相次いで出演、同年3月には女性誌『an・an』のヌードグラビアに登場する[8]。2017上半期ブレイク俳優ランキング(オリコン調べ)において、10代から50代までの男女対象の世代別ランキングでもすべて首位となる。『おんな城主 直虎』の小野但馬守政次役の演技ではザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞などを受賞し、視聴者に「政次ロス」をもたらしたとされた。

2018年、『僕らは奇跡でできている』(2018年10月 – 12月、関西テレビ)で民放ゴールデン・プライム帯テレビドラマに初主演。

2018年10月期から2019年4月期の間、3期連続で連続ドラマの主演を務めた(『僕らは奇跡でできている』、『みかづき』、『東京独身男子』)。『東京独身男子』(2019年4月 – 、テレビ朝日)では、主演を務めるだけではなく主題歌も担当し、これが正式な歌手デビュー作となった。

まとめ。

ったときの目のシワまで魅力に変えてしまう高橋一生のポテンシャルの高さがすごい。

それもクールでとっつきにくそうな印象を受けなのに笑うとキュートでこのギャップに女性ファンはやられてますね。

一癖あるキャラクターやめんどくさいタイプの男の役すらも魅力的にみせてしまう演技力が素晴らしい。

2019年7月スタートの連続ドラマ「凪のお暇」(TBS・毎週金曜夜10時~)に俳優の高橋一生が、黒木華と主演を務めることが発表されました!!

高橋のTBS連ドラ出演は、「カルテット」以来2年ぶりとなるそう〜

「凪のお暇」は、コミックス累計発行部数250万部を突破しているコナリミサトの同名人気マンガが原作(月刊誌「Eleganceイブ」で連載中)。

場の空気を読みすぎて無理をした結果、過呼吸で倒れてしまった28歳のOL大島凪(黒木)が、会社を辞め、彼氏、知り合いとの連絡を絶ち、東京郊外の何もないボロアパートで人生のリセットを図ろうとする姿を描く。

橋が演じるのが、凪と付き合っていた我聞慎二。会社では完璧で営業部のエースだが、凪に対しては恐ろしく不器用で、人生リセットを決断した凪を心配して追い掛けるも、その言動で余計に嫌われてしまう……というキャラクターだ。変わろうとする女と、それを拒む男。すれ違い続ける二人の未来はどのなるのだろうか?

とても気になりますね!!

これからの活躍楽しみにしてます。
今回はここまでです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です