小動物のような雰囲気であざとい女優〝吉岡 里帆〟の可愛さを徹底分析してみた!!

動物のような雰囲気であざとい女優

そんな吉岡 里帆をご紹介します。

プロフィール。

生年月日  1993年1月15日
出身地     京都府京都市右京区
身長       158 cm
血液型     B型
職業        女優
ジャンル  映画・テレビドラマ・CM
活動期間  2013年 –
事務所     エー・チーム

長は158cm、スリーサイズはB82cm、W60cm、H85cm。
特技は書道とアルトサックス。書道は八段で、7歳のときに友人の誘いで始めて中学、高校と打ち込み書道家を目指して大学に進学、バラエティ番組でその腕前を披露している。映画『スウィングガールズ』に憧れて学生時代は吹奏楽部に所属し、アルトサックスを演奏していた。

味は猫と遊ぶこと、新派観劇。生き物は何でも好きで、なかでも自身のブログで「私は重度の猫依存症です」とつづるほどの無類の猫好き。家族揃って猫好きで、京都の実家に猫5匹と犬1匹を飼っている。新派については、「どこまでも大衆の心に入っていくところが魅力」と語っている。

他ともに認める生真面目な性格。ドラマでもバラエティ番組でも実直に作品に取り組み、作り手の要求に全力で応え、制作現場のプロたちに対し全力で向き合うことをモットーとしている。視聴者が共感しにくい役柄を演じることで吉岡自身が批判に晒されることもあるが、「そもそも自分の中に嫌われる要素がある」ことを認め、「それでもみなさんに真剣に作品を届けたい」と語る。インディペンデント映画『星を継ぐ者』の監督で劇中で共演した末長敬司は、「感受性が強く、思ったことは口や態度に出しちゃうタイプ」と評している。

まとめ。

ワイイけど好きじゃない」「あざとい」「腹黒い」「近くにいて欲しくない」

吉岡里帆さん(25)の同性からの評価を集めていくと、毎回必ずこのような声が聞こえてきます。

たしも吉岡里帆さんは凄くカワイイと思うけど、友達として近くにいてほしくないタイプかもしれないなあと思いますね。それくらい彼女の放つ雰囲気には、女性としての可愛さとしたたかさが臭っています。

不遇の時代が長かったことで有名な吉岡さんですが、最近はその美貌をいっきに開花。立て続けにドラマの主演に抜擢されています。しかし主演となったドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」も「きみが心に棲みついた」も、原作は人気だったのに視聴率はふるわず。テーマや役柄に癖があったというのも理由の1つですが、女優としては次の壁にぶつかっているのかもしれません。

もその壁を壊すには、多くの人から言われる“あざとさ”を分解していく必要がありそうですね。

男女関係なく多くの人がかわいいと思っていることでしょう。くりくりっとした目、華奢なカラダ、白い肌、小動物のような雰囲気。「どんぎつね」の吉岡里帆さんは、もう可愛くて最強です。

これからの活躍楽しみにしてます。
今回はここまでになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です