2017年に公開された映画「娼年」で大人なエロさを発揮した若年者から絶大な人気の俳優〝松阪桃李〟を徹底追及してみた。

身長イケメンで

クールで笑顔が可愛い演技派俳優

んな松阪桃李をご紹介します。

プロフィール。

生年月日 1988年10月17日

出生地  神奈川県茅ヶ崎市

身長   183 cm

血液型  A型

職業   俳優、モデルジャンル

活動期間 2008年 –

事務所  トップコート

阪桃李って凄く珍しい名前してますよね。本名じゃないかとはじめ思っちゃいましたけど本名なんですよ。

「桃李」という名前は、中国の歴史家司馬遷の『史記』に書かれた言葉「桃李不言下自成蹊(とうりものいわざれども、したおのづからこみちをなす)」と、中国の故事「桜梅桃李」の2つに由来する。

前者は「徳のある誰からも慕われる人」になって欲しいという父の願いから後者は「自分らしさを大切に」という母の願いから名づけられた。読みがなは両親のこだわりで「とおり」。

族に関しては姉と妹がおり、父親は大学で心理学を教えている。友達は少なく、1人で映画館やカラオケ、焼肉を食べに行くことも全く抵抗はないと話している。

芸能活動を始めた時は大学在学中であったが、2年間の休学中に役者として生きていく決意を固め、親の反対を振り切って退学した。のちにこのことを「人生最大の決断」と振り返ったが、後悔はしていないという。

また、理想の俳優として、堤真一、阿部寛、西田敏行を挙げている。

の『ONE PIECE』ファン。『SLAM DUNK』も好きで、影響を受けて中学時代はバスケ部に入っていた。

さらに、BUMP OF CHICKENの大ファンであり、2014年には彼らのツアードキュメンタリー映画『BUMP OF CHICKEN “WILLPOLIS 2014” 劇場版』で声優として出演した。

食べ物の好物 マグロ、オムライス。

未知の生物やUFOへの関心が強い。

坂桃李さんは産業能率大学経営学部在学中の大学2年生のときに、雑誌『FINEBOYS』のモデルオーディションでグランプリを獲得し芸能界デビューしました。

その翌年には『侍戦隊シンケンジャー』のオーディションで、主役シンケンレッド役に抜擢され、俳優としてのデビューをかざります。

しかしこのオーディションで松坂桃李さんは大きな失敗をしてる!?

オーディションで「変身ポーズを取ってみて」と言われましたが、姉と妹の間で育ったので戦隊ものってあまり見たことがなかったんです。想像で「へーんしん!」とポーズを取ったら、審査員さんに「それは仮面ライダーだね」と言われ…(笑)

終わったなと思ったら役をいただけ、奇跡的なデビューを果たしました。

人で過ごすのが好きで、休みの日はもっぱらひとりで漫画喫茶。

渋谷のTSUTAYAでは丸1日楽しめるという松坂桃李さんです。

そんなところに1日いても大騒ぎにならないほど「芸能人オーラがない」ってどういうことなの?と番組でオーラが検証されてました。人混みの中でも大丈夫。本屋で立ち読みしたり、お客さんにまじってレジに並んだりしても誰にも気づかれない松坂桃李さん。

なんかほら、芸能人って普通にしててもそこはかとないオーラで身バレするっていうじゃない。そういうのないんだね、なんでだろう。こんなイケメンなのに。

そういうところが、むしろ魅力的!!

まとめ。

坂桃李さんは2009年にデビューして以来、数々のドラマや映画に出演してきました。

主な出演作品テレビドラマ侍戦隊シンケンジャーチーム・バチスタシリーズ名探偵コナンわろてんか視覚探偵 日暮旅人ゆとりですがなにか

映画麒麟の翼今日、恋をはじめますガッチャマンピース オブ ケイク図書館戦争 THE LAST MISSIONデスノート Light up the NEW worldキセキ -あの日のソビト-

に話題となった作品が

2017年に公開された。R-18+指定の映画「娼年」

告編では、松坂桃李演じる主人公・リョウの「セックスなんて手順の決まった面倒な運動です」というセリフや、真飛聖演じる御堂静香に会員制ボーイズクラブに勧誘され、「身体を売るんですか?」と話すリョウの様子に加え、

「じれったいのが好き」と話すヒロミや「もうダメ・・・ここでしていい?」と叫ぶイツキといったリョウの客となる女性の姿、リョウと様々な女性とのラブシーン、リョウが同級生に娼夫として働いていることを非難される場面などが確認できるんです。

予告だけでも松坂さんのセクシーでエロスたっぷりがわかるはず!!

作はR-18+指定で公開だったんですよね、

「“性描写”に関しては一切妥協しない」と語る三浦大輔監督と共に撮影に臨んだ松坂は「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と明かしていました。

『娼年』は、松坂桃李主演で舞台化もされた石田衣良の小説が原作。

無気力な生活を送る主人公・リョウが、女性専用コールクラブ「Le Club Passion」のオーナー・静香と出会い、彼女の勧めで始めた男娼の仕事をしていくなかで女性たちの欲望の奥深さに気づき、やりがいを見出していくというあらすじです。

松阪桃李のセクシーな裸体をみたい方はぜひ見てください!

坂桃李さんは幼い頃はすごくやんちゃな性格だったそう。しかし、小学生の時あることがきっかけで松坂桃李さんの性格に大きな影響を与えました。

それは、小学生の時に受けたいじめ。いじめの対象になってしまった理由は名前に『桃』という字が入っていたから。

他に理由はなく、ただそれだけでいじめられたそうなんです。

時、松坂桃李さんは机に落書きをされたり、仲間外れにされたりしたため、クラス全員のことが嫌いだったそうです。

松坂桃李さんはこのいじめがきっかけで、なるべく目立たないように、感情を抑え込んで波風を立てないように過ごす性格になってしまったそうです。本気ではしゃいだり、怒ったりできない、普段からテンションが低い性格になってしまったのだとか…

坂桃李さん本人も『根暗、へこみやすい性格』とコメントしています。確かに、あまり明るくしゃべっている印象は少ないですよね。クールで落ち着いた感じがします。

俳優の松坂桃李さんが主演を務める連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が16日、スタート!

賀リエさんのマンガ「パーフェクトワールド」が原作で、大学時代に事故に遭い、脊髄(せきずい)損傷で下半身不随になった建築士・鮎川樹(松坂さん)と、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月さん)との純粋なラブストーリーを描く。飲み会をきっかけに再会し、引かれ合った2人が、親の反対や恋敵の出現、病気やけがなどの問題に直面しながら、「幸せとは何か」を模索していきます。

松坂桃李さんが演じるのは!?

鮎川樹 (29)

一級建築士。長野県松本市出身。

20歳の頃、事故で脊髄を損傷し、車いす生活を送ることに。受傷直後は現実を受け入れられず、自暴自棄になっていたものの、周囲の励ましによってリハビリをはじめ、建築士に夢をかなえた。合併症の不安が常に抱えているが、建築士としてバリアフリー住宅の推進に力を注いでいる。

回視聴率が6・9%!関西地区は10・3%だったそうです、わりと高視聴率ですよね!!これからどう変化していくか見どころですね。

老若男女に好かれてる松坂桃李さんこれからの活躍に期待ですね!

今回はここまでになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です