煌めく音と爽やかなリズムが心を甘酸っぱくする日常系ラブストーリーを歌うバンドとは!?

らの歌があなたの日常に寄り添えますように」 をテーマに、

どこか聴く人の街の景色、 日常を思わせるような歌詞を歌う。

ょっといいことあった帰り道に駅前の路地前で歌ってほしくなる

そんなthe shes goneをご紹介します。

プロフィール。

略称    シズゴ

出身地   東京都

ジャンル  ロック

活動期間  2016年5月 –

レーベル  UK.PROJECT(2018年 – )

公式サイト the shes gone official website

メンバー。

◯兼丸

ボーカル・ギター担当。

MVの映像制作・編集もしている。プロレス、薬味好き。back numberのファンである。

◯マサキ

ギター担当。兼丸と大学の同級生。

◯Daishi 

ベース担当。2017年12月に加入する。

まとめ。

ズゴを聴いてはじめての印象は、 めっちゃ心が落ちつく声で歌う優しい耳当たりで冬の寒い気温の中で日向ぼっこをしながら、彼氏を待つ時に聴きたいなあ〜って思いました。

「シズゴは、疲れたを優しくマッサージしてくれる」

「こんな曲を聴く人が彼氏になったら幸せ」

「こんなに声が恋の曲に似合うアーティストいるのだろうか」

「女だけどこの曲聴いて彼氏のこと考えてる」

「不意に襲ってくる俺でもいいのかという不安、ほんとわかる。」

「日向に当たりながら空を見ながらこの人たちの声が聴きたい」

「この冬の雪の中の吐息みたいに歌う感じほんとにいいよね」

「透明感がはんぱない」

「彼氏といっしょにイヤホン片方ずつで聴きたい」

「片想いだけど共感できる歌詞がすき」

「甘酸っぱい歌詞が心に来る」

「歌詞のカラフル感がすき」

「ピュアで真っ直ぐな想いが心に響く」

想いの人も片想いの人も、

男の子目線なのに女の子も共感できるところが凄いなあと思いましたね。

そして、5秒間聴いただけでも良さがわかるところがいい。こんな曲を聴いてくれる彼氏ができたらとても幸せになれると思わせてくれるとても優しい歌詞がすきだなあ〜と思いました。

MVに出演しているモデル 橋下美好さんの可愛いと話題を呼んでいるそうです。 モデルを見たさにMVを見たけど、このバンドの魅力がすごくて好きになってしまった人たちが続出しているようです。

この女の子のように可愛い彼女になりたいという憧れの存在になっていました。

っと多くのひとたちに聴いて欲しいバンドだと感じました。

これからのご活躍を楽しみにしております。 今回はここまでです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です