爽やかロックバンド、sumikaの知られざる真実発覚…実は、メンバー全員が〇〇だった!?

おしゃれなバンド名で若手かと思いきや意外と歳いってるバンドとは

玉靴下と蝶ネクタイと水玉シャツ。

可愛いあざといを売りにとても頑張ってる。

声は、低音ボイスだけど味がないし

キメ際で決めてくれないダラダラっ~と歌うゆるい曲調。

のバンド聴いてればオシャレ感でると

思いがち大学生ファン多い。

んなsumikaご紹介します。


プロフィール。

本のロックとポップの4ピースバンド。

2013年5月に結成。

ックとポップを絶妙なバランス

融合した音楽を作り出している。

出身地  日本  神奈川県

ジャンル ロック、ポップ・ロック

活動期間 013年‐

レーベル  Sony Records (2018年 – )

公式サイト sumika OFFICIAL WEBSITE

メンバー。

片岡 健太(かたおか けんた)

1985年9月30日生まれ神奈川県川崎市出身。

ボーカル、ギター作詞作曲を担当。

義兄はダーリンハニーの吉川正洋。

荒井 智之(あらい ともゆき)

1988年12月30日生まれ。ドラムス担当。

神奈川県川崎市出身。

通称“バロン”。aikoの大ファン。

黒田 隼之介(くろだ じゅんのすけ)

1987年6月10日生まれ。ギター、コーラス担当。

神奈川県川崎市出身。

元White Crowメンバーで、2012年1月前身バンドに加入。

愛称はじゅんちゃん。

小川 貴之(おがわ たかゆき)

1982年12月22日生まれ。キーボード、コーラスを担当。

神奈川県横浜市磯子区出身。

法政大学卒業。

元from a novelボーカル。

まとめ。

sumikaが最近浮上してきたのは、

レーベルが今年2018年から

Sony Recordsに移籍したからです。

近のメディア出演が多数あるのは

レーベルの力です。

一般人の人は、有名になってきたから

テレビにでられるんだ~と思いがちですが

違います

ーベルが力をいれてプッシュしているせい。

だからミュージックステーションに出演できたのも

レーベルがプッシュしたおかげです。

違いしないでいただきたい…

また、自分の知り合いなどがごり押ししていると

人間の心理的に〝共感〟が得やすくなってしまいます。

そのせいで今、人気になっているいるわけです。

だから実力で人気なっているわけじゃないし

メディアにでているわけじゃない。

一褒めるところといえば・・・

バンド名だけは、キャッチ-ですよね。

そこだけは良いと思います。

最近のバンドって才能があるのに

バンド名が良くなくて売れづらいのが目立ちます。

の点からいうと、sumikaは名前だけは

上手くつけたんじゃないでしょうか。

ずsumikaのボーカルの声が生理に受けつかない。

ぞわぞわする声質が私にはダメでした。

あと、童顔だから20代前半くらいだと

思っていたんですけど…

齢を聞いて驚愕しました。

32歳

若いならあのあざとさは許せます。

歳は結構いっているのに…

ち着けよって感じ。

僕、可愛いでしょ?って

思ってやってるのが無理だなって。

自分に酔っている感じがして

sumikaを聴きたいとなりません。

れをかわいいと言っているファンもどうかと思います。

結局、顔が良ければいいんだって思っちゃいました。

sumika聴いてれば私オシャレでしょ?って思ってる

頭、弱すぎ系な女多すぎでしょ。

sumikaの曲って、盛り上がりがなくて

ダラダラ歌っていて聴いてて詰まんないです。

の緩さが良いっていう人もいるけど

こんな特徴がないバンドにずっとついていくわけ

ないでしょ、って思いました。

こ1、2年がピークなんじゃないでしょうか。

これからの動きが見ものですね。sumikaに幸あれ。

今回はこれで失礼します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です