2018年紅白歌合戦確定?若い子から絶大な人気を誇るあいみょんの隠された魅力に迫る。

メンヘラ女子が共感するような歌詞を創り出すシンガーソングライターとは

を想像するでしょうか。

ファッションメンヘラと言っても過言ではない

私が注目したのはメンヘラと言うワードです。

代、80%がメンタルヘルスと言われている日本の中で

共感するような曲を生み出すのがうまく、更に依存性の高い。

もなく今年も終わりアーティストの集大成の場である

NHK紅白歌合戦の出場に期待値が高い

んなあいみょんご紹介します。

プロフィール。

生誕    1995年3月6日(23歳)

出身地   日本・兵庫県西宮市

職業    シンガーソングライター、作詞家、作曲家

担当楽器  歌、ギター

活動期間  2014年 –

レーベル     unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN(2016年 – )

事務所   |エンズエンターテイメント(2015年 – )

公式サイト |あいみょん オフィシャルサイト

趣味・趣向。

中学部活        陸上競技部所属、副部長。

好きな食べ物   イクラ

嫌いな食べ物   魚、キノコ 

(小さい頃喉に詰まらせ心的外傷で嫌いになったそうです。)

好きなアニメ   ドラえもん

映画                      天空の城ラピュタ

理想の男性像    |父親だそうです。

てもいいお父様なのですね、

こう想ってもらえるお父様はとても幸せですね。

また動物が好きで、

よく上野動物園に遊びに行くそうです。

私、動物だいすきです~

特に、くるしいコアラがすきです

歌手になるきっかけ。

手に成りたいという夢を持っていた祖母や、

音響関係の仕事に就く父の影響で作詞作曲を始める。

6人姉弟の上から二番目の次女。

姉弟がこんなに多いのも今の時代珍しいですよね。

族が多いと刺激的で

いい歌詞が生まれやすいのかもしれませんね・・・

ちなみに私、うに次女です。

音楽的ルーツ。

田省吾、フリッパーズ・ギター

及び小沢健二、平井堅などの異なる性ゆえに

分とは正反対の感性で言葉を選ぶ男性のシンガーソングライターで

最初に目指していた音楽性も小沢健二やフリッパーズ・ギターの様なものだった。

憧れの人物。

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』を見て、

太陽の塔岡本太郎、挿入歌を担当した

田拓郎、ベッツィ&クリスに惹かれたと語っている。

目標。

本太郎の人生観に共感し、太陽の塔の下で歌うこと。

関西出身らしい目標ですよね・・・さすがです。

私、大阪行ったことさえないので

テレビでしか見たことないです、いやあ~。

わたしもこんなこと言ってみたいですね。

あいみょん魅力。

女の子の毒々しい感情をリアルに表現している。

大胆な言葉遣い。

また聴きたくなる刺激的で力の強いストロングボイス。

女性だけでなく男性目線の歌詞。

ぶれない世界観。

まとめ。

あいみょんはまず、名前の語尾がみょんなので

若い子がきゃぴきゃぴ可愛い感じに

歌ってる感じなんだろうなって実は思ってました…

曲を聴いてみると

そのイメージは一変しました。

恋愛の深いところの

女性目線、男性目線を上手く歌詞に

込めているのがとてもいいなあと思いました。

ここがあいみょんの魅力で

男女ともに人気の誇る秘訣だと思います。

あいみょんのこれからの活躍が楽しみです。

それでは失礼します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です