〝古見さんは、コミュ症です。〟がドラマ化?

◎ 古見さんは、コミュ症です。をご紹介します。

『古見さんは、コミュ症です。』(こみさんはコミュしょうです)は、オダトモヒトによる漫画作品。

ジャンル
学園漫画、シチュエーション・コメディ

漫画
作者
オダトモヒト

出版社
小学館

掲載誌
週刊少年サンデー

レーベル
少年サンデーコミックス

発表号
2016年25号 –

巻数
既刊21巻(2021年5月現在)

原作
オダトモヒト

制作
NHK

放送局
NHK

発表期間
2021年9月6日 –

話数
全8話

原作
オダトモヒト

総監督
渡辺歩

監督
川越一生

シリーズ構成
赤尾でこ

キャラクターデザイン
中嶋敦子

アニメーション制作
オー・エル・エム

放送局
テレビ東京ほか

発表期間
2021年10月 –

NHKで実写ドラマ化 。

只野仁人役・増田貴久、古見硝子役・池田エライザで9月スタート … 主人公の男子高校生・只野仁人を増田貴久さん、ヒロインの美少女・古見硝子を池田エライザさんが演じ、同局の「よるドラ」枠(総合、月曜午後10時45分)で9月6日から放送される。

あらすじ。

国境を越えるコミュ症美少女コメディー! 行き先はアメリカ・NY。コミュ症美少女・古見さん、2年目の修学旅行は初の海外へ。英語で話しかけられて緊張したり、注文に困ったり、アメリカへ引っ越した友達・澪ちゃんに再会したり。初めて経験する気持ちと、変わらない人付き合いが異国の地に広がります。年末年始の古見家 只野家、正月太り(?)との戦いも収録です。緊張と嬉しさが、初めての景色を彩る コミュ症美少女コメディー、第21巻。

SNSの声。

古見さんは、コミュ症です。 (20) (少年サンデーコミックス)

表紙の古見さん、変な顔(笑)って思ったら、蟹食べれてるんですもんね(笑)

いつものグループでスノボ旅行♪泊まりなしの弾丸ツアー!って若いんだなあ(笑)

今回は、万場木さんのたーん多め、只野との予想外の二人っきりお泊まりイベント♪これはピュアな作品です、私のように汚れちまった下衆な大人とは違います、只野クオリティな展開で安心(笑)
只野くん、謀らずも知ってしまった万場木の気持ちに、戸惑いますが?
古見さんの嫉妬心も見てみたいような気もしますが?(笑)
黒歴史反芻の只野「お兄ちゃんも男の子だもんね・・・」フンー!(笑)

ストーリーは、あらすじを読んでいただくとして。
ラブコメとは、ラブandコメディです。
コメディ。つまりは笑いです。
古見さんは、コミュ障です。はシリアス無しで、純粋にラブコメな作品です。
つまり、とってもストレスフリーに読めます。
決してラブストーリーに終始するわけではなく、ヒロインの古見さんが前向きに人間関係を作ろうと頑張って成長していく物語性もあって、つい応援してあげたくなります。むしろ、こちらをメインだと考えた方が楽しめる方もいるかもしれません。友達ができて喜ぶ古見さんが、実に微笑ましい。
各キャラクターもしっかりと個性があって(ありすぎて)楽しいです。個人的にはキャラクターのネーミングが好きです。
是非、ご一読下さい。

只野仁人は普通の高校生とのことだかどうみても普通ではない。唯一といっていいほどの古見の理解者であり、さらっと描いているがその力は、エスパーがかっている。

古見は只野を通じてやっと、ひとや社会との接点をもてる。

古見と只野の関係を基本として描かれているが古見の「友達を100人つくる」という目標の為、只野が悪戦苦闘し、だんだんと友達が増えていく。本書は、ふたりの関係性で閉じてゆく物語ではなく、ふたりの関係性で外に開いてゆく物語である。この広がり方がいい。
また、古見と只野の自体の関係も少しづつ深くなっていき、このあたりの描きかたもいい。このふたりの見守りたい気持ちになる。

無口ヒロインっていいですよね!
コミュ症の古見さんを中心とした王道学園ラブコメで、
各話ごとに新キャラが登場するスタイルです。
恋愛要素の展開は遅めです。
古見さんも只野くん(←主人公)も自分の感情に気付かない人達なので、
見ている側は複雑な気持ちになります。。。
見どころはもちろん、「古見さんの可愛さ」です!
クラスメイトと一生懸命コミュニケーションをとろうとして、
ガクブルしたり、ネコ化したりします。
それだけで、見る価値があります!
そんな古見さん(神)と、フツーにコミュニケーションとれる
只野くんが羨ましい、、、

小見さんの初めて見た感情が爆発な巻!(笑)
リレーで負けた「悔しさ」その後の落ち込みと、只野のフォローで見せた表情が尊い(笑)

で、万場木のターン、金魚トラブルで只野に見せた素晴らしい笑顔に「ありがと」ちゃんと言えたじゃん♪
ラスト万場木の涙とともの「あ、そっかぁ」が切ないなあ。万場木は良い子だなぁ。今回は、盛り上がったあ「あべべすっぺんぽん」です。

祝!アニメ化
普段漫画読まない方にもオススメです
毎回読んでて、笑って、ホッコリして、時々ジーンと来て…
何回も全巻読み返し、癒しをもらってます

これだけ人気あって やっとアニメ化かぁ
でも古見さんの声とか直接聴きたくないんだよなぁ…
漫画読んでて「どんな声なのかなぁ」とか考えてる方が楽しい気もするので…趣あるキャラだからなぁ…
でもとりあえず、少しでも この作品を知ってもらえるキッカケになるから良いか!!

まー古見さんの描写がクルクル回る巻(笑)
万場木と古見さんの気持ちが重なる、お互い、可愛いい、そして困ってしまう想い。
嫉妬と応援も半分づつでも友達やめない覚悟!な二人の思いが・・・・・
ほぼ全編、古見と万場木のお姫様姿、一部只野も(笑)

もう1つの文化祭「ペロラヴィオッソ」誕生秘話(笑)
アナザストーリーと文化祭後日譚♪
万場木の勇気が、古見さんも変える。只野との事は、周りは知ってるし(笑)三九二達も「辛かったね。でも正直めっちゃ面白い」では、留・・・Aさも呼んでの恋バナに期待します(笑)

只野くんがただの凡人ポジかとずっと思ってたのに、実はクラスの人たちのことを担任教師よりがっつり分かっていて、良い意味で名前がキャラクターと関連していないなと感じられました。
新たな一面を見つけたというより、美点の再発見ができたストーリー。

サンデー読んでない方でもオススメしたい作品。
コミュ症な古見さんとその仲間たちが送る学園物語。キャラクターの名前がその〜症になってるのでのめり込みやすいと思います!

古見さんが留美子ちゃんと只野くんを思ってしっかり発言していたのが心に残りました。みんな性格よくて好きな漫画だなーと改めて思いました。
そうそう、只野、「そういうとこだぞ」(笑)

無口な美少女ヒロインに惹かれます
コミュ症で無口な美少女ヒロインがとても可愛いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です