本当は怖い〝となりのトトロ〟の驚愕な都市伝説とは?

◎ となりのトトロ をご紹介します。

監督
宮崎駿

脚本
宮崎駿

原作
宮崎駿

製作
原徹

製作総指揮
徳間康快

出演者
日高のり子
坂本千夏
糸井重里
島本須美
北林谷栄
高木均

音楽
久石譲

主題歌
井上あずみ「となりのトトロ」

撮影
白井久男
瀬山武司

制作会社
スタジオジブリ

製作会社
徳間書店

配給
東宝
トロマ・エンターテインメント

公開
1988年4月16日

上映時間
86分

製作国
日本

言語
日本語

配給収入
5億8800万円

あらすじ。

昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー。田舎へ引っ越してきた草壁一家のサツキ・メイ姉妹と、子どもの時にしか会えないと言われる不思議な生き物・トトロとの交流を描く!

登場人物。

○サツキ(草壁サツキ)
声 – 日髙のり子
草壁家の長女。
序盤から中盤まで黄色いシャツの襟付き服にオレンジ色の吊りスカート、それに濃い青い靴を履いているが、終盤からは夏服として薄黄色いノースリーブのワンピースに白いサンダルを履いている。

○メイ(草壁メイ)
声 – 坂本千夏
草壁家の次女。
序盤から中盤まで白いシャツの襟付き服に濃いピンク色のノースリーブのワンピース、それに黄色い靴を履いているが、終盤からは夏服として薄いピンクのノースリーブのワンピースに赤いサンダルを履いている。4歳。

○お父さん(草壁タツオ)
声 – 糸井重里
サツキとメイの父。身長180cm。32歳。
東京にある大学で、非常勤講師として考古学を教え、生活費を稼ぐため翻訳の仕事(主に中国語)もこなす。

○お母さん(草壁靖子:くさかべやすこ)
声 – 島本須美
サツキとメイの母。優しく穏やかな性格。
体が弱く、「七国山病院」に入院している。演出覚書には「胸を病んで入院中」とあるが、作中では靖子の病名は明言されていない。

○トトロ(大トトロ)
声 – 高木均
森の主であり、この国に太古より生き、巨大なクスノキに住んでいる生き物。トトロは精霊などではなく、動物である。毛色は灰色で、たいてい塚森にあるオオクスの木で眠っている。子供にしか見ることができない(普通は人間には見えない)。

○中トトロ
毛は青く、よく木の実が入った袋を持っている。小トトロより一回り大きく、胸には大トトロと同じ模様がある。

○小トトロ
毛は白い。普段は半透明で姿を消すことができる。中トトロと一緒に行動する。

○ネコバス
声 – 龍田直樹
身体がボンネットバスのような巨大な雄ネコ。
ボンネットにあたる部分が頭で、背中が空洞になった胴体は柔らかな毛皮に覆われた座席になっている。

Twitterの声。

ドレミファドン🎶🎵観てます😃
となりのトトロ❗井上あずみさんの生歌🎵💕アニメイントロ大好きです😌💓しょこたん⁉️凄すぎる☺️💕💟何か楽しい😃💕

倅、テレビを見てて映ったトトロの歌に「となりのトトロ!トトロ!トトロ!トトロ!」と歌った後「ふんふんふふ〜ん」とハミングで濁しておったが、サビのそこしか知らないんじゃないのか。

となりのトトロ見たら怖い都市伝説思い出してしまうのなぜ……?(汗)(汗)

私の地雷解釈は、となりのトトロの都市伝説です。

TikTokとかで「なにそれ?気になる〜」ってググって調べたら震えたからなぁw
ちなみにとなりのトトロの都市伝説ww深くて怖かった…

『千と千尋の神隠し』に登場する「ススワタリ」と、『となりのトトロ』に登場する「まっくろくろすけ」は同じ生き物である。

『となりのトトロ』の裏設定
「となりのトトロは死神である」や「ネコバスが病院へ行くときには既にサツキとメイは死んでいる」や「姉妹の母親が入院する七国山病院のモデルは所沢市の八国山病院で、病院は末期患者や精神疾患患者を収容する場所であった」の裏設定があるという都市伝説。

「となりのトトロ」のさつきとメイは死んでいる
後半になるとさつきとメイの影が消える。
死んで幽霊になったから影が消えた。

きょうの金ローは「となりのトトロ」だよ

今夜、金ローでトトロが放送だそうですね。
それ聞いたからには、トトロ放送日には必ずTLに現れるだろうコレを貼らずにはいられなかった・・・笑笑

【夜9時、金ローで放送!】
『となりのトトロ』ポスターの少女は映画に登場しない。よく見ると、メイでもサツキでもないみたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です