女優もアーティスト活動も上々でお淑やかな清楚女優〝上白石萌歌〟の実態に密着してみました!!

上白石 萌歌をご紹介します。

プロフィール。

上白石 萌歌

本名
上白石 萌歌

別名義
adieu

生年月日
2000年2月28日

出生地
鹿児島県鹿児島市

身長
163 cm

血液型
A型

職業
女優

ジャンル
映画・テレビドラマ・舞台

活動期間
2011年 –

著名な家族
上白石萌音(姉)

事務所
東宝芸能

主な作品
テレビドラマ

『義母と娘のブルース』
『3年A組-今から皆さんは、人質です-』
『いだてん〜東京オリムピック噺〜』
『教場II』

映画
『羊と鋼の森』


劇場アニメ

『未来のミライ』
『劇場版ポケットモンスター ココ 』

舞台
ミュージカル『魔女の宅急便』
舞台『ゲルニカ』


テレビCM
キリンビバレッジ『午後の紅茶』

人物・経歴。

生い立ち
鹿児島県で生まれ育ち、小学1年からの3年間は家族とともにメキシコで生活する。

小学5年生だった2011年、姉の萌音が応募予定だった第7回『「東宝シンデレラ」オーディション』の応募要項で年齢制限が10歳から応募可となっていたことから、「姉が受けるなら私も受けてみよう」と応募。史上最年少の10歳で44,120人の中からグランプリに選ばれ、審査員特別賞を受賞した姉の萌音とともに東宝芸能のシンデレラルーム所属となる。同年、ファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルとして同誌2011年9月号で芸能活動を開始する。

小学から中学時代を出身地の鹿児島で過ごし『「東宝シンデレラ」オーディション』のグランプリ受賞後は鹿児島と東京を往復する生活を送った後、姉の萌音の高校進学に合わせて中学2年時に上京して東京の学校へ通う。「勉強も、お仕事も、どちらも中途半端にしたくない」との強い思いから高校は定期試験や単位取得が厳しい進学校へ進学し、大学進学後は文系の学部に所属して芸術理論や美術史、映像学などを学ぶ。

家族
2歳上の姉・上白石萌音は、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』で審査員特別賞を受賞して芸能界入りしている。2016年のミュージカル『赤毛のアン』の主演・アン役は、前年に同役を演じた萌音から萌歌が引き継ぐ形となった。身長は姉より10cm以上高い。姉とは同居している。
父は社会科の教師で、母親は元音楽教師でピアノ指導者。

趣味・特技
歌うこと、踊ること、詩を書くこと、サイクリング、フィルムカメラ。特技は歌うこと。

嗜好
好きな食べ物はそばで、夏休みがあれば全国そばめぐりをしたいと語る。
スピッツの大ファンでアナログレコードも所持している。読書家で、吉本ばなな、綿矢りさ、谷川俊太郎などを愛読する。

目標
連続ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』でクロールの選手、大河ドラマ『いだてん』で平泳ぎの選手、近日公開予定の映画『子供はわかってあげない』で背泳ぎの選手を演じており、今後バタフライの選手を演じると女優人生で個人メドレー達成となり、現在バタフライの選手の役を熱望している。

交友関係
鹿児島読売テレビアナウンサーの横山あさみは幼馴染で、クラシックバレエを習っていた時の友人である。
大原優乃は、同学年かつ同郷(鹿児島県出身)で、ピチレモン専属モデル時代からの交友関係があり、お互いの実家を行き来する仲である。大原とは、2019年の『 3年A組 -今から皆さんは、人質です-』で共演している。

まとめ。

お淑やかそうな見た目をしているけど芯が強くてしっかりしている雰囲気が可愛い女優さん!

まだ若いので今後の活躍に期待ですね。

アーティスト活動もしているようでとても綺麗な歌声で歌っています。

↪︎Twitterの声

(上白石萌歌のおでこは丸くて可愛い)

藤原家では妹のさくらちゃんが萌歌ちゃんと話してるとお姉ちゃんって感じがして新鮮やったし2人とも可愛い♡

上白石萌歌が天の声とおもったらてちかー!どちらにしろ可愛い

今後の活躍に期待大です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です