地味なのに綺麗でスレンダー美女優〝門脇麦〟がなぜか嫌われる理由!!

味なのに綺麗でスレンダー美女優

門脇麦 をご紹介します。

プロフィール。

本名   門脇 麦
生年月日 1992年8月10日
出生地  アメリカ合衆国 ニューヨーク州
出身地  東京都
身長   160 cm
血液型  B型
職業   女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台・CM
活動期間 2011年 –
事務所  ユマニテ

主な作品 。

テレビドラマ

『八重の桜』
『まれ』
『お迎えデス。』
『トドメの接吻』

『麒麟がくる』

2020年1月19日スタート
毎週日曜夜8:00ほか/NHK総合

↪︎あらすじ

長谷川博己が主演を務め、明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く。脚本は大河ドラマ「太平記」(1991年)などを手掛けた池端俊策が担当。また、語りは市川海老蔵が務める。

映画

『愛の渦』
『闇金ウシジマくん Part2』
『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』
『オオカミ少女と黒王子』
『止められるか、俺たちを』
『二重生活』

↪︎あらすじ。

心理学を専攻する大学院修士課程の白石珠は、大学のゼミで知ったアーティスト、ソフィ・カルによる「何の目的もない、知らない人の尾行」の実行を思い立ち、近所に暮らす男性、石坂の後をつける。そこで石坂の不倫現場を目撃し、尾行を続ける。しかし同棲相手の男にも年上の女の影がちらつく。

↪︎白石珠:門脇麦

人物・経歴。

ューヨークで生まれて5歳まで過ごし、その後東京で育つ。幼いころよりクラシックバレエを岸辺光代に師事。バレリーナを目指して真剣に取り組んでいたが、中学2年生の時に限界を感じて断念。

バレエに代わるものを模索する中で、高校生の時に10代の宮﨑あおいや蒼井優らが出演する邦画作品を見て同じ表現者としての役者に関心を抱き、

も映画に出てみたい」と高校卒業する頃に芸能事務所に履歴書を送付、卒業後、芸能界入りを反対していた両親を説得し芸能事務所に入る。

「麦」という名前は本名。麦はまっすぐに伸びることから、麦のようにどこまでもまっすぐ育ってほしいとの思いで名付けられた。4歳下の弟がいる。

校時代は一人で過ごすことが多く、レンタルDVD店で「ア」行から順番に4、5本借りてきては見るという生活をしていた。最初から「愛」の付く映画ばかりであったが、結局「サ」で終わった!

まとめ。

脇麦ちゃんは、ミステリアスなキャラクターが似合う隠れ美女だと思います。綺麗な横顔とスレンダーボディが素敵だと思います。

ドラマ『トドメの接吻』での山崎賢人さんとのやりとりが奇妙で面白く楽しかった印象が強いです。

↪︎Twitterの声。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です