銀魂の主人公の声で有名な声優〝杉田智和〟の過去に迫る!!

 

魂の主人公の声で有名な声優

 

そんな【杉田智和】をご紹介します。

 

プロフィール。

愛称        杉、杉田くん、杉田さん
出生地      埼玉県
生年月日  1980年10月11日
血液型      B型
職業        声優、ナレーター、作家
事務所      アトミックモンキー

活動期間  1998年 –
ジャンル  アニメ、ゲーム、ナレーション
デビュー作
ラジオドラマ 魔装機神サイバスター(シンジ・キリハラ)

校在学中に、日本ナレーション演技研究所主催の声優スプリングスクールにて、ミューラス&アニメージュ賞を受賞し、ミューラスアクターズスクール(現在の日本ナレーション演技研究所ヴォーカル・ダンス部門)に入所すると同時に、芸能事務所「ミューラス」に所属。

17歳の時、CSで放映されていた『仮面ライダー』のプレゼント告知ナレーションで声優デビューを果たす。

校3年生だった1998年に、アニガメパラダイス内で放送されていたラジオドラマ版『魔装機神サイバスター』のシンジ・キリハラ役で初主演。
予備校生時代の1999年に『魔装機神サイバスター』でアニメ作品の初レギュラーを獲得後、大学卒業まで学業と並行して声優活動を継続していた。

2001年にミューラスが解散した後、フリーの期間を経て現在の事務所であるアトミックモンキーに所属。

2002年『ちょびっツ』の本須和秀樹役でテレビアニメ初主演。

2006年4月から放送を開始した『銀魂』の坂田銀時役や『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョン役で両作の主役を演じ、知名度を大幅に上げた。

2009年、第3回声優アワードで助演男優賞を受賞した。

2013年10月に『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2013』にて男性声優賞を受賞し、『翠星のガルガンティア』で演じたチェインバーもマスコットキャラクター賞を同じく受賞している。

学生の頃、テレビアニメ『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』を視聴した際、登場人物のヒュンケルが原作を読んで想像していたよりずっと低い声で「それでも格好良かった」が、必殺技を言った瞬間に『聖闘士星矢』に登場するフェニックス一輝の声と同じであることに気づく。

学時代はテニス部に所属し部長を務めた。高校では少林寺拳法部に所属(初段)。幼い頃は寺の住職、高校時代は家庭科の先生や製菓職人、デザイナーをやりたいという夢を持っていた。当時学校行事で舞台脚本を考え自身の声を録音したものに効果音やBGMをつけてみたところそれを聞いた兄に声や喋りを生かした仕事に就いてみたらどうかと勧められたのが声優になるきっかけだったという。

最初に受けた声優養成所のオーディションでは不合格であった。その後、再び同じオーディションを受けた際には強く印象付けるために漫才調で自己紹介をしたという。功を奏して合格を果たす。オーディション合格当時、高校3年生で大学受験を失敗していたことから予備校生活で養成所にほとんど行けなかった。大学合格後は授業を途中で抜けバイクで収録現場に向かい収録後にすぐ授業に戻るという生活を送る。

画やアニメやゲームなどに関する知識を持っており、番組で話すことも多い。知識量を誇っているわけではなく、自分が感じたことをそのまま発言することで、聴いてる人にも「私もそのゲームやった」と思ったり「おもしろそう」と作品に興味を持ったりなど「いろんなことを感じてほしい」という。

きな色は黒と銀色。プレゼントに貰って一番嬉しいのは手書きの手紙で、「手紙を通じて人が人に与える影響力を実感できる瞬間が嬉しい」という。

まとめ。

田智和さんと言ったら、あの大人気のアニメ「銀魂」の主人公の坂田銀時の声ですよね。

私も小さい頃観ていました。子どもから大人まで大人気なアニメですよね。

写化にもなりました大ヒット作!!これ以外にも『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』(カズヒラ・ミラー)、『ジョジョの奇妙な冒険』(ジョセフ・ジョースター)、『涼宮ハルヒの憂鬱』(キョン)などと有名作品の声優をなされていますね。

また、PUBGのボイスもしています!!

一般男性、貫禄のある将校、ふざけているがやる時はやる漢、の三つのボイスだでているようです。三つ目のボイスが、ほぼほぼ銀ちゃんで面白いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です