5th アルバム発売直前クリープハイプ、尾崎の作りだす独特の歌詞がメンヘラ女子の心を掻き立てる理由とは・・・

世界観と独特の歌詞ハイトーンボイスが特徴的なバンドとは

を想像するでしょうか。

地声の方が断然いいのに裏声で歌っている。

あんな気持ち悪い歌い方しているのに

存性が高くて共感するところがある。

腹黒い歌詞を歌っていると気持ちよくなってしまう

んなクリープハイプご紹介します。

あの事件について。

【2014年】3月12日発売のベストアルバム

クリープハイプ名作選

レコード会社がバンドおよび事務所に

一切伝えずに制作されたものが明らかになる。

リープハイプは

公式サイトにて声明を発表。

この一件を機に移籍。

ビクター

ユニバーサルシグマ

在、公式サイトディスコグラフィで

ベストアルバムに関する情報は

掲載されていない。

このことに関して尾崎は憤怒していたそうだ

んか音楽業界の中には

『移籍時にはベスト盤で、

育ててくれたレコード会社へ恩返しする』

という暗黙の了解があるらしいです

【2014年】12月3日リリース。

一つになれないなら、せめて二つだけでいよう。

クリープハイプのメジャー3枚目

通算4枚目のオリジナルアルバムの11曲目に

タイトルなしの曲があります

このことについて

崎世界観

『あの1曲を守りたかったけどやっぱりそのせいで他の11曲を消すわけにはいかなかった』

ターのノイズの破片のような音だけが

収録されており今でもに包まれたままだ。

の見解ですが。

レコード会社に不満挑発

歌った歌詞なのではないかと思われます、

籍後ということありそのことも

歌っているのではないかと…(?)

だからこの曲を発表してしまうと

このアルバムは消されてしまう

う考えて尾崎はタイトルなしで

歌詞なしのギターノイズ”だけを

アルバムにいれたのでしょうね。

尾崎さんらしいと思いましたね

うゆう独自な世界観が〈支持される理由〉でしょう。


クリープと異色コラボ。

のコラボでの名前が

知れ渡った大きなきっかけになる

【2014年】4月30日。

いにあの粉末クリームとのコラボ経緯。

森永乳業の粉末クリーム

クリープクリープハイプ

異色のコラボレーション。

のプロジェクト始動

尾崎世界観

クリープを書き下ろす。

これは両者が単に名前が

似ているからというわけではない。

リープ

ミルクおいしさがギュッとつまった

クリーミングパウダーを通じて、

そして…

クリープハイプ

音楽を通じて、

伝えているという本質の部分

深く繋がっていることから

プロジェクト始動にいたる。

じめコラボレーションを聞いたとき

名前が似ているからかあ~って

思ってましたけど違うんですね()

さすが、世界観の目の付けどころがすごいなあ…

まとめ。

リープハイプの歌詞をみていると

“常に繋がりたい”と“想いを重い言葉”で

ひたすら想うままに書いている。

かし今の現代では

繋がりたいけど繋がれない

尾崎さんはこうゆう曖昧で複雑な気持ち

着手しているのではないだろうかと思いました。

人の心の中にある黒いものを

アルな言葉で表現するのではなく

じわじわと心に棲みつくような執着的で

味深に感じられる言葉

尾崎さんは上手く使い表現していますね。

なので爆発的で急上昇はしませんけれど

じわじわとクリープが浸透されていってますね。

の現象わかりやすくまとめました

クリープ現象。

一度聴いたら…

なんだこの声は…..リピート。

聴いたら…

意味深で気になりリピート。

三度聴いたら…

じわじわと心に棲みつき半永久的にリピート決定。

アクセルを踏まなくても少しずつ前に進んでしまう

の現象でもありますよね。

クリープハイプのほうにじわじわとひっぱられてしまう

れはまさに、クリープ現象

まずは騙されたと思って

クリープハイプを聴いてみてくださいね。

今回これで失礼します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です