大人気〝魔女の宅急便〟が最高な感動作なのに都市伝説が存在するって本当?!

◎ 魔女の宅急便 をご紹介します。

監督
宮崎駿

脚本
宮崎駿

原作
角野栄子
『魔女の宅急便』(福音館書店刊)

製作
尾形英夫
漆戸靖治
原徹
宮崎駿
製作総指揮
徳間康快
都築幹彦
高木盛久
出演者
高山みなみ
佐久間レイ
戸田恵子
山口勝平
信沢三恵子
関弘子
加藤治子
三浦浩一

音楽
久石譲

主題歌
荒井由実
『ルージュの伝言』
『やさしさに包まれたなら』 

撮影
杉村重郎

編集
瀬山武司

制作会社
スタジオジブリ

製作会社
徳間書店

ヤマト運輸
日本テレビ

あらすじ。

魔女の少女が魔女になるための修行をしていく過程で様々な経験を積み成長していく姿を描いた長編アニメーション。

13歳の魔女キキは、古い一族の掟に従い、黒猫ジジと修業の旅に出る。そして、海辺の大きな街で修行をすることに。箒で飛ぶ以外に能がないのキキは、空飛ぶ宅急便を始める。しかし、最初の仕事でいきなり荷物を無くしてしまう……!?

登場人物。

○キキ
本作の主人公。魔女と普通の人間の間に生まれた少女。2月2日生まれ。15歳までは飛ぶことしかできなかったが、母コキリに習ってくしゃみの薬も作れるようになる。

○ジジ
キキの相棒の黒猫。キキと同じ時期に生まれた。キキの魔法で会話しているが、キキ以外の人間とは会話できない。キキの魔法力が弱まると会話ができなくなる

○オキノ
キキの父親。普通の人間で、民俗学者。妖精や魔女の伝説や民話について研究している。

○コキリ
キキの母親。古い血筋の魔女。ほうきに乗って空を飛ぶことの他に「くしゃみの薬」を作る魔法を受け継いでいる。

○トンボ
飛行クラブに所属するメガネの少年。キキより1歳年上で、「トンボさん」と呼ばれている。

Twitterの声。

この言葉は「クロネコヤマトの宅急便」でおなじみのヤマト運輸の登録商標だったこともあり、スタジオジブリからヤマト運輸へスポンサーをお願いしたんだってさ!!

ヤマト運輸は、魔女の宅急便のストーリーに出てくる黒猫が、ヤマト運輸のイメージキャラクターとなっている黒猫に似ているという事で了承された、というエピソードもあるみたい!

10年以上振りに、魔女の宅急便見たら大号泣して狼狽える😭大人になってから見ると視点が変わるのは分かるけど、こんなに泣く映画だったっけ。。ジジが可愛い、ニシンのパイが食べたい、色々あるけど、ウルスラさんの絵!!改めて見ると圧倒的に素敵だー。少しシャガールぽい?🎨

『あの夏のルカ』観ました!良かったー!!泣いたぁ…
ピクサーってホントに友情を描くのが上手!終わり方もとっても素敵でした😀
あと監督がジブリ大好きらしくて、『魔女の宅急便』や『紅の豚』を思い出すような、夏らしくて海がキレイな映画でした✨

ジブリの中で魔女の宅急便が一番好きなんですが🧹

キキが住む街を決めて不安な気持ちで眠りにつき、朝早く起きたシーンは、私がイギリスに来た次の日ソワソワして朝早く起きたことを思い出し、
魔力が弱まってホウキが折れるシーンでは、上手くいかない海外生活で心が折れたことを思い出して泣いた😂

魔女の宅急便のストーリーを思い返していて、キンカがスランプ?で飛べなくなって、最後のシーン必死で飛ぼうとして上手くコントロールできないけど必死で飛んでって思った時点で泣いた😭

魔女の宅急便
ジジがエンディングでキキと会話せず
普通の猫と寄り添ってる。
キキに魔力が戻ったのが夢。
ジジは普通の猫に恋に落ちてしまったので魔女の使い魔になり損ねた。

もののけ姫親子説、魔女の宅急便でクロネコヤマトが協賛になったため、ジジは映画オリジナルでーす。っていうくらいのネット都市伝説になりそう。(ジジは原作でも最初から元気に話しかけています。)

ハウルの動く城とコクリコ坂からと耳をすませばと魔女の宅急便と思い出のマーニーとかが好きですねぇぐへへ~!!!!(^p^三^p^)

魔女の宅急便、夏やるかなぁ?

魔女の宅急便を見てると定期的に思い出すなだぎ武の動画すきww

トンボとキキの感じ好きだけど、トンボ、現代でいったらチャラ男なの草



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です