笑顔が素敵な渋いエロ男爵俳優〝沢村 一樹〟がお茶の間に好かれる理由とは!?

顔が素敵なイケメンエロ男爵俳優

沢村 一樹 をご紹介します。

プロフィール。

本名   野村 耕蔵(のむら こうぞう)
生年月日 1967年7月10日
出生地  鹿児島県鹿児島市
身長   184 cm
血液型  B型
職業   俳優、モデル、監督、
司会、歌手、絵本作家
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台、番組、
音楽、ファッション、CM、芸術
活動期間 1996年 –
配偶者  既婚(2000年 ‐ )
事務所  研音

主な作品

テレビドラマ
『浅見光彦シリーズ』(TBSのテレビドラマ)
『ごくせん』
『白い巨塔』
『サラリーマンNEO』シリーズ
『篤姫』
『DOCTORS〜最強の名医〜』シリーズ
『偽装の夫婦』
『ひよっこ』

『アガサ・クリスティ』二夜連続ドラマスペシャルシリーズ

『刑事ゼロ』

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』シリーズ

↪︎あらすじ

作は、大規模なテロが今まさに起きようとしている数ヵ月後の未来から物語が始まります。

何者かによって渋谷、新宿、霞ヶ関をはじめとした複数の場所に警戒最大レベルの爆発物が仕掛けられ、官邸からは非常事態宣言が発動されます。

SATや爆発物処理班が出動する中、ミハンの山内と小田切も捜査に参加。小田切が爆発物の捜索をする中で入った部屋には、拳銃を手にした男性が立ち尽くし、目の前には銃殺された女性が横たわっていました。

涙を浮かべ立ち尽くしている男性は、なんと井沢。驚きで声も出せない小田切。犯罪者に対する憤りから刑事としての一線を越えてしまった井沢が女性を殺したのか!?

された女性は一体誰なのか!? そして、井沢の涙の意味とは!? 現在時制では、毎話新たな事件に挑み、未然に犯罪を防いでいくミハンの捜査員たち。しかし、いずれ来たるべき未来に向かって物語は次第にリンクしていきます。

↪︎ミハンのリーダー・井沢範人
(いざわ・のりと/沢村一樹)

元公安のエリートですが物腰の柔らかい飄々としたキャラクターの持ち主。妻と娘を無残に殺された過去を持ち、「二度と妻や娘のような被害者を生み出さないため、犯罪を未然に防ぎたい」という思いが人一倍強い男です。犯罪者に対する怒りが強すぎるあまり、刑事としての一線を越えてしまいそうな激しい凶暴性を常に内包することから、上層部から危険視されています。

映画
『十三人の刺客』
『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』

人物・経歴。

少期は、決して裕福ではなく、4人家族が6畳と4畳半の二間、浴室なしの古いアパートに住んでいた。

内向的な性格で、一人遊びを好んでやっていた。

出身小学校は鹿児島市立中郡小学校。

学校の時に、母親に芸能界に進むように言われ、この頃から芸能界を志す。高校時代はバレーボール部に所属し、卒業後は、地元でアルバイト生活をしていた。

父親は沢村が19歳の時に他界した。
20歳で19万円を手に鹿児島から飛行機で上京し、

優を目指しながら、ファッションモデルとして活躍。

2000年、32歳で5歳年下の元モデルの女性と結婚。
夫人との間に3人の男児がいる。

まとめ。

村一樹さんはイケメンで爽やかな風貌をしているのにバラエティ番組に出演すると、ほぼほぼの確率で下ネタを炸裂してしまう…

そんな沢村一樹さんですが、俳優をされている時は演技力抜群でクールにこなす演技派のベテランさんです!

ドラマにも映画にも引っ張りだこで、テレビですぐ目にする程です。

↪︎Twitterの声。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です