NHK朝の連続ドラマ小説「スカーレット」ショートカットが似合う若手女優〝黒島結菜〟が可愛い!!

ョートカットが似合う若手女優

黒島結菜 をご紹介します。

 

プロフィール。

生年月日 1997年3月15日
出身地  日本 沖縄県糸満市
身長   162 cm
血液型  A型
職業   女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・
     舞台・CM
活動期間 2012年 –
事務所  ソニー・ミュージック
     アーティスツ

主な作品

映画
『あしたになれば。』
『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』
『十二人の死にたい子どもたち』
『カツベン!』

テレビドラマ
『マッサン』
『戦後70年 一番電車が走った』
『時をかける少女』
『アシガール』
『いだてん〜東京オリムピック噺〜』

『スカーレット』

↪︎あらすじ。


戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子。両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させる。3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まる。相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。

↪︎黒島結菜/松永 三津

喜美子が結婚ののちにかまえた、陶芸の工房に弟子入りする若い女性。東京の美術大学を卒業後、全国の焼き物の産地を訪ね歩いてきた。ものおじしない、まっすぐな性格。三津の登場が、川原家に波乱を巻き起こすことに。


舞台
『虹とマーブル』
『少女ミウ』

人物・経歴。

3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、

2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけなさい」との母の勧めで応募したウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで特別賞の「沖縄美少女図鑑賞」を受賞し、モデルとして同誌に出演。ソニー・ミュージックアーティスツの目に留まり、同事務所に所属して芸能界入りする。

得意な科目は数学、物理。小学校ではバスケットボール、中学校・高校ではバドミントン部に所属。

憧れの女優は、同郷の満島ひかり。「自然体で飾らない演技が好き」で、「フレンドリーなひかりさん自体も好き」と語る。2014年に『ごめんね青春!』で共演を果たした際には「妹みたい」と言われたという。

同い年の女優、中条あやみとは大親友で、中条が黒島の沖縄の実家に遊びに来ることもある。また、杉咲花とも仲が良い。

保護犬を迎え入れ里親になり「こはだ」と名付けて飼っている愛犬家である。

まとめ。

 

島結菜ちゃんは、すっぴんが超かわいいという話題になっています!現在スカーレットって出演していますが、ほぼほぼすっぴんのようなメイクなので可愛いのがわかりますよね。

女優さんですっぴんがブサイク(個性派や演技派は除く)だと致命的だと思いますが、やはり沖縄出身だけあって顔がしっかりしています。やはり可愛い。

 

水着姿 スカーレット 似てる インスタ マッサン 画像 ㎝ ドラマ かわいい 大学

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です